東京オリンピック観戦チケットがほしい!狙い目のおすすめ競技は?第2次抽選販売は2019年秋

  

www.daimaru-matsuzakaya.jp

引用 大丸松坂屋 ア・サンドルチェ ハロウィンボックス

東京オリンピックまであと308日です。9月11日には観戦チケット追加抽選の結果が発表されました。今はクラブツーリズムで、9月20日まで添乗員同行の公式観戦ツアー第2弾の受付を行なっています。「オリンピック競技大会観戦と豪華客船チャータークルーズ4日間」や「第1~第4ラウンドまで女子ゴルフをとことん満喫5日間」など楽しいテーマのツアーが色々あります。10月1日からは近畿日本ツーリストでも、公式観戦ツアー第2弾の抽選販売がスタートします。

東京オリンピック観戦チケット第1次抽選の追加抽選販売の結果発表が9月11日に行われました。次は2019年秋に第2次抽選販売が行われます。今度こそ当てたい!狙い目のおすすめ競技はどれ?追加抽選販売の対象になったセッションからも考えてみました。

秋の第2次抽選販売では、開会式・閉会式も含めて全競技のチケットが販売される予定で、第1次抽選で当選した人も含め全ての人が参加できます。

9月20日まで添乗員同行の東京オリンピック公式観戦ツアー第2弾の受付を行なっているクラブツーリズムでは「秋の紅葉ツアー特集」が組まれていました。

東京オリンピック観戦チケット追加抽選の結果発表は9月11日

2019年8月に、東京オリンピック観戦チケット第1次抽選で1枚も当たらなかった人を対象にした追加抽選販売が行われました。第1次抽選で売れ残ったチケットや、当選した人がキャンセルした分が対象です。

対象となったセッションは、東京2020公式サイトの対象セッション一覧(PDF)で確認できます。9月11日の時点ではセッション情報のページでも確認できました。

512万人が申し込んで、約2割の96万人が当選したとか。申込みをした人は、東京2020公式チケット販売サイトのマイチケット画面で結果を確認してみてください。もし当選していたら、おめでとうございます!9月24日までに購入手続きを行いましょう。

  • 抽選申込:2019年8月8日~8月19日11:59
  • 抽選結果発表:2019年9月11日
  • 購入手続:2019年9月11日〜9月24日23:59

残念だった人、第2次抽選販売では当たりますように!次の抽選販売は秋以降の予定です。

その前に、オフィシャルパートナー企業が行なっている観戦チケットが当たるキャンペーン情報や、旅行会社の東京2020オリンピック公式観戦ツアーもチェックしてみてください。クラブツーリズムでは、9月20日まで公式観戦ツアー第2弾の受付を行なっています。

クラブツーリズム

東京オリンピック観戦チケット追加抽選の対象になった競技は狙い目?

東京オリンピック観戦チケット第1次抽選の追加抽選販売の対象になった競技をご紹介します。人気競技や、3位決定戦・決勝戦などのメダルセッションのチケットもいくつか対象になりました。

ただ、リストを見ても、どれが「売れ残ったチケット」でどれが「当選した人がキャンセルしたチケット」なのかは分かりません。また「全ての席種が用意できないセッションは追加抽選の販売対象外」とのことでしたので、単純に「追加抽選の対象になったから狙い目!」と言い切ってしまうのは乱暴ですが、参考までにチェックしてみるのはよさそうです。

観戦チケット追加抽選の対象になった競技

カッコ内の数字は、第1次抽選で販売されたセッション数で、左側が追加抽選販売の対象になったセッション数です。

  • 水泳(飛込)(3/16)
  • 水泳(水球)(9/39)
  • 陸上競技(マラソン以外)(2/16)
  • 陸上競技(マラソン)(1/1)
  • 野球(4/16)
  • ソフトボール(4/10)
  • バスケットボール(17/52)
  • カヌー(スプリント)(3/6)
  • 自転車競技(マウンテンバイク)(1/2)
  • 自転車競技(ロード)(2/3)
  • 馬術(馬場馬術)(1/4)
  • フェンシング(1/18)
  • サッカー(22/38)
  • ゴルフ(1/8)
  • 体操(体操競技)(1/13)
  • ハンドボール(17/46)
  • ホッケー(23/42)
  • 近代五種(2/3)
  • ボート(1/8)
  • ラグビー(11/12)
  • テコンドー(8/8)
  • ビーチバレーボール(28/40)
  • バレーボール(1/46)
  • ウエイトリフティング(3/24)
  • レスリング(4/13)

観戦チケット追加抽選の対象にならなかった競技

次に、東京オリンピック観戦チケット第1次抽選の追加抽選販売の対象にならなかった競技もご紹介します。1セッションも追加抽選販売の対象にならなかったということは、予定枚数を完売し、かつキャンセルもほとんどなかったということになるので、第2次抽選でも、これらのチケットを入手するのはなかなか難しいのかもしれません。

  • 開会式
  • 閉会式
  • 水泳(競泳)
  • 水泳(アーティスティックスイミング)
  • 水泳(マラソンスイミング)
  • アーチェリー
  • バドミントン
  • 3☓3 バスケットボール
  • カヌー(スラローム)
  • 自転車競技(BMXフリースタイル)
  • 自転車競技(BMXレーシング)
  • 自転車競技(トラック)
  • 馬術(総合馬術)
  • 馬術(障害馬術)
  • 体操(新体操)
  • 体操(トランポリン)
  • 柔道
  • 空手
  • セーリング
  • 射撃
  • スケートボード
  • スポーツクライミング
  • サーフィン
  • 卓球
  • テニス
  • トライアスロン

※チケットの販売がない陸上競技の競歩と、調整中のボクシングは除いています。

収容人数が多い会場で行われる競技は狙い目?

東京オリンピックの競技会場を、収容人数が多い順に並べてみました。カッコ内は、その会場で行われるオリンピック競技です。赤字で人数を記した会場が、第1次抽選の追加抽選販売の対象になった会場です。

横浜国際総合競技場
(サッカー)
72,000人
オリンピックスタジアム
(開会式・閉会式、陸上競技、サッカー)
68,000人
埼玉スタジアム2002
(サッカー)
64,000人
宮城スタジアム
(サッカー)
49,000人
東京スタジアム
(サッカー、ラグビー、近代五種)
48,000人
札幌ドーム
(サッカー)
41,000人
茨城カシマスタジアム
(サッカー)
40,000人
横浜スタジアム
(野球・ソフトボール)
35,000人
霞ヶ関カンツリー倶楽部
(ゴルフ)
25,000人
富士スピードウェイ
(自転車ロードレース・ゴール、個人タイムトライアル)
22,000人
さいたまスーパーアリーナ
(バスケットボール)
21,000人
有明テニスの森
(テニス)
19,900人
海の森水上競技場
(カヌースプリント、ボート)
16,000〜12,800人
海の森クロスカントリーコース
(総合馬術クロスカントリー)
16,000人
東京アクアティクスセンター
(競泳、飛込、アーティスティックスイミング)
15,000人
有明アリーナ
(バレーボール)
15,000人
大井ホッケー競技場
(ホッケー)
15,000人
(ノースピッチ10,000人+サウスピッチ5,000人)
福島あづま球場
(野球・ソフトボール)
14,300人
有明体操競技場
(体操)
12,000人
潮風公園
(ビーチバレーボール)
12,000人
伊豆MTBコース
(自転車マウンテンバイク)
11,500人
日本武道館
(柔道、空手)
11,000人
国立代々木競技場
(ハンドボール)
10,200人
幕張メッセAホール
(テコンドー、レスリング)
10,000人
馬事公苑
(馬場馬術、総合馬術、障害馬術)
9,300人
青海アーバンスポーツパーク
(3×3 バスケットボール、スポーツクライミング)
8,400〜7,100人
幕張メッセBホール
(フェンシング)
8,000人
カヌー・スラロームセンター
(カヌースラローム)
7,500人
武蔵野の森総合スポーツプラザ
(バドミントン、近代五種)
7,200人
有明アーバンスポーツパーク
(自転車BMX、スケートボード)
7,000〜5,000人
東京体育館
(卓球)
7,000人
釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ
(サーフィン)
6,000人
夢の島公園アーチェリー場
(アーチェリー)
5,600人
お台場海浜公園
(マラソンスイミング、トライアスロン)
5,500人
東京国際フォーラム
(ウエイトリフティング)
5,000人
東京辰巳国際水泳場
(水球)
4,700人
伊豆ベロドローム
(自転車トラック)
3,600人
江ノ島ヨットハーバー
(セーリング)
3,600人
陸上自衛隊朝霞訓練場
(射撃)
3,200人

これを見ると、やはり収容人数が多い会場の方が、追加抽選の対象になりやすかったと言えそうです。単純に、人数が多い分、キャンセルも出やすかったということかもしれませんが、会場の収容人数から競技を考えるというのも良いかもしれません。

ちなみに、大井ホッケー競技場で東京オリンピックのホッケー競技を観戦したい場合は、収容人数を考えて「ノースピッチ」で行われる競技のチケットを選ぶと当選しやすそうですよ。

日本人に人気のある競技はどれ?

東京オリンピックでは、33競技339種目の実施が決定しています。日本人はどんな競技を観たいと思っているのでしょうか。世論調査・市場調査の専門機関の一般社団法人 中央調査社が行なった2019年4月の「人気スポーツ」に関する全国意識調査の結果をチェックしてみましょう。

東京オリンピックへの関心と楽しみな競技についても調査が行われています。4人に3人が東京オリンピックに『関心あり』と答えていて、楽しみな競技の1位は、水泳(競泳)でした。東京オリンピックの競泳競技は、東京アクアティクスセンターで行われます。

2位は陸上(マラソン)でした。

マラソンのグランドチャンピオンシップが、9月15日に行われました。東京オリンピックテストイベントに位置付けられているこの大会で、東京オリンピック出場選手が4名内定しました。

2020年に行われる東京オリンピックのマラソン、スタートとゴール会場はオリンピックスタジアムですが、市街地であれば沿道から観戦することができます。テストイベントでも同じコースを走ります。コースをチェックしておきましょう。

東京オリンピックで楽しみな競技(上位20位)

質問:(回答票)「東京オリンピックではどの競技が楽しみですか。」(複数回答)

1位 水泳(競泳)
2位 陸上(マラソン)
3位 体操
4位 野球・ソフトボール
5位 卓球
6位 サッカー
7位 バレーボール
8位 柔道
9位 陸上(マラソン以外)
10位 テニス
11位 バドミントン
12位 レスリング
13位 バスケットボール
14位 水泳(アーティスティックスイミング)
15位 新体操
16位 ゴルフ
17位 水泳(水球)
18位 スケートボード
19位 ラグビー
20位 空手

引用 中央調査社(第 27 回)「人気スポーツ」調査(調査結果の概要)

ここには含まれていませんが、第1次抽選では、申込みの1番人気は開会式のチケットだったと言われています。会場で東京オリンピックを観戦したいと思っている人の4人に1人は「競技ではなく開会式を観たい」と考えているとか?

そんな人気の開会式のチケットを、もしかしたらタダで手に入れられるかも?企業のプレゼントキャンペーンに応募してみるのもいいかもしれません。商品を購入しなくても誰でも応募できるものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

人気競技でも追加抽選の対象に?

人気トップ20に入った競技の中には、第1次抽選の追加抽選の対象になったものもあります。次の通りです。

  • 陸上競技(マラソン)
  • 体操(体操競技)
  • 野球
  • ソフトボール
  • サッカー
  • バレーボール
  • 陸上競技(マラソン以外)
  • レスリング
  • バスケットボール
  • ゴルフ
  • 水泳(水球)
  • ラグビー

人気競技なのに売れ残ったのはなぜでしょうか。「たまたまキャンセルがあっただけ」と考えるのが最も自然かと思いますが、チケットによっては「平日開催だった」「遅い時間帯の開催だった」「会場の収容人数が多かった」「同じ時間帯に別の会場でさらに人気の高いメダルセッションなどの競技が行われる予定だった」「無料で観戦できるから」などの理由があったのかもしれません。

日本人が好きなプロスポーツは?

「人気スポーツ」に関する全国意識調査では、日本人が好きなプロスポーツについての調査も行われています。1位は「プロ野球」でした。そのあとに「プロサッカー」「大相撲」「プロテニス」「プロゴルフ」「プロボクシング」「プロバスケットボール」が続きます。

「プロ野球」は1996年から不動の1位で、日本ではとても人気が高いですが、実は世界的にはそうでもないようです。オリンピックでは、野球・ソフトボールは、2008年の北京以来の復活です。

野球が種目から外れた理由

  • 球場建設のコストが高い。そのうえ、五輪後の再利用や維持が難しい。
  • 野球の人気があるのはアジアとアメリカだけ。ヨーロッパでは野球の人気はないし、野球連盟もない。オリンピック加盟国206のうち、野球連盟があるのは110カ国。
  • アメリカ大リーグの主要選手は、夏季五輪中が大リーグのシーズン真っ最中なので不参加。世界最大のスポーツの祭典なのに、不参加なんてそんなのおかしい。じゃあべつに、なくていいじゃん。

野球・ソフトボールも追加抽選販売の対象になりました。会場の収容人数も広いので、チケットが取れるチャンスがあるのかも?

東京の次は2024年パリオリンピックですが、スポーツクライミング、サーフィン、スケートボード、ブレークダンスの4競技が候補入りして、野球・ソフトボールと空手は追加候補から落選してしまいました。2020年の東京オリンピック、全力で応援したいです。

東京オリンピック観戦チケット抽選販売の申込手順

東京オリンピック観戦チケット抽選販売の申込手順をご紹介します。

手順① 公式チケット販売サイトへアクセスする

東京2020公式チケット販売サイトへアクセスします。東京オリンピック観戦チケット第2次抽選販売は秋に行われる予定です。

手順② 「TOKYO 2020 ID」でログインする

第1次抽選販売の時と同じIDでログインします。まだIDを持っていない方は「TOKYO 2020 ID」から登録ができます。

手順③ 希望のセッションを選ぶ

セッションとはチケットを販売する単位です。1枚のチケットで複数の試合を楽しめるセッションもありますよ。東京2020公式サイトのセッション情報のページから確認ができます。

同じ競技の中でも予選のセッションはチケットの価格が安く、3位決定戦や決勝戦などのメダルセッションは価格が高いです。

手順④ チケットの種類と枚数を選ぶ

1つのセッションにも、座席にいくつかの種類があります。一般チケットにもA席からE席まで最大5種類の席が用意されます(A席のみの競技もあります)。種類を選び、枚数を選びましょう。

手順⑤ 希望するチケットに一つ下の席種がある場合はカスケートサービスを利用する

カスケードサービスとは、申込時に希望した席種の抽選結果が「落選」となってしまっても、一つ下の席種に空きがある場合は、そちらの抽選にも参加できるというサービスです。ぜひ利用したいですね。

手順⑥ 第2希望選択サービスでもう1セッションを選ぶ

第1希望のチケットの抽選結果が「落選」でも、第2希望のチケットに空きがある場合は、そちらの抽選にも参加することができます。例えば、どうしても特定の競技を観たいという場合には、第1希望でメダルセッションを申込み、第2希望では予選ラウンドを申込むといった使い方ができますね。

手順⑦ 申込内容を確認して手続き完了

申込一覧のステータスが「申込完了」になっていればOKです。抽選申込受付期間中は、内容の変更やキャンセルができます。

詳しい申込方法についてさらに詳しくは、東京2020公式サイトのオリンピック観戦チケットの抽選申込・購入手続ページをご確認ください。

東京オリンピック観戦チケット第2次抽選販売で当選しやすい申込みのコツ① 一番高い席は避ける

引用 トイザらス・ベビーザらス「KIDEA&BLOCK 塔の上のラプンツェル」楽天市場

通常、一番高い席と一番安い席は比較的取りにくいもの。席種を選べる場合は高くもなく安くもないランクの席を申込んでみてはいかがでしょうか。

ただ、東京オリンピックの観戦チケット抽選販売では「一つ下の席種に空きがある場合は、そちらの抽選にも参加できるカスケードサービス」を利用できます。活用すると当選確率が2倍になるように感じるので、多くの人がこのサービスを利用しそうな気がします。ということは、通常は一番安い席は取りにくいですが、東京オリンピックの場合は、第1希望であえてカスケードサービスを利用できない一番安い席に申込んでみるのもいいのかもしれません。

東京オリンピック観戦チケット第2次抽選販売で当選しやすい申込みのコツ② 枚数は少なく

引用 トイザらス・ベビーザらス「KIDEA&BLOCK 白雪姫」楽天市場

すでに第1次抽選販売で半数以上のチケットが売れている状態でしょうか?第2次抽選販売では、その間に入るようにチケットを申込むことになる訳です。ということは、3枚よりは2枚2枚よりは1枚、枚数は少なく申込む方が、チケットを確保できる確率はずっと上がりますよ。でもやっぱり、せっかくのオリンピック生観戦。グループみんなで見たいですよね。

東京オリンピック観戦チケットが抽選で当たるかもしれないパナソニックのテレビを購入してキャンペーンに応募して、もし外れてしまっても「みんなで家で観戦できる」ように準備しておくのもいいのかも?

東京オリンピック観戦チケット第2次抽選販売で当選しやすい申込みのコツ③ 平日開催の競技を狙う

オリンピックに限らず、全てのチケット販売に当てはまることですが「土日よりは平日の方が狙い目」です。東京オリンピックの第1次抽選の追加抽選販売の対象セッション一覧をチェックしてみても、平日開催のものが多く掲載されていました。

ただ、平日開催であっても決勝戦は倍率が高そうです。「決勝戦とはいえ、平日開催なら取れるかも!」「平日にわざわざ頑張って休みをとるのだから、せっかくなら決勝戦に申込んでみたい」と多くの人が考えても不思議ではありません。

もしそうなら「決勝戦が平日に開催される競技」の決勝戦以外の平日開催のセッションを狙うのはどうでしょうか?

東京オリンピック観戦チケット第2次抽選販売で当選しやすい申込みのコツ④ 夕方開催の競技を狙う

引用 トイザらス・ベビーザらス「KIDEA&BLOCK ふしぎの国のアリス」楽天市場

東京オリンピックの場合は「夜遅くに終わる競技も狙い目」かもしれません。観戦チケット申込画面では、時間帯を「午前」「午後」「夕方」で絞り込むことができます。夕方から始まると言っても、中には観戦時間が長いものもあって、終了が22時〜23時になるようなセッションもあります。

そういった夜遅くに終わる競技のチケットも、追加抽選販売の対象セッション一覧に多く掲載されているように感じました。

競技終了後には規制退場が行われて、すぐに会場を出られないかも?駅まで着いてもすぐには電車に乗れないかも?会場近くには駅やホテルがないという会場もあります。

家族やグループみんなで観たいと思うと、暑くても、深夜よりは日中のチケットを選ぶ人も多そうです。

逆に、遅い時間でも全然大丈夫!という方は、終了時間が遅いチケットを狙ってみてはいかがでしょうか。

夜遅くに終了するチケットなら「月曜日が気になる!」という人も多そうなので、日曜日の夕方開催のセッションに申込むのも良いかと思います。逆に金曜日の夜はライバル多いかもしれませんね。

東京オリンピック観戦チケットをこれから入手する方法まとめ

東京オリンピック観戦チケット、公式チケット販売サイトでは第1次抽選販売が終了しましたが、秋以降にも第2次抽選販売、春期販売が予定されています。パラリンピック観戦チケットの抽選販売も8月22日から始まります。それ以外にも手に入れるチャンスが用意されています。

2019年7月24日 東京オリンピック公式観戦ツアー抽選申込受付開始

東京オリンピックのオフィシャル旅行パートナーでは、観戦チケットが付いた公式観戦ツアーを取り扱っています。豪華なプランから、お手頃なプランまで色々ありますよ。チケットとあわせて宿泊場所も確保できるの観戦ツアーは安心ですね。

JTB東武トップツアーズ近畿日本ツーリストクラブツーリズムの公式観戦ツアーとキャンペーンをチェックしてみてください。

近畿日本ツーリスト・クラブツーリズム、東武トップツアーズでは、公式観戦ツアーの抽選販売の他にも「期間中にメルマガ登録や旅行をすることで観戦チケットが当たる」キャンペーンも実施しています。その他のパートナー企業のキャンペーン内容もまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

2019年8月22日 パラリンピック観戦チケット第1次抽選販売開始

2019年8月下旬 オリンピックのホスピタリティパッケージ先着順販売開始

ホスピタリティパッケージは、観戦チケットと会場での飲食サービスがセットになったプランです。東京2020オリンピック公式ホスピタリティで登録をしてから、購入手続きをしましょう。こちらの申込みは先着順です!

2019年秋 オリンピック観戦チケットの第2次抽選販売開始

もともと先着順販売が予定されていましたが、アクセス殺到が心配されることから中止として、抽選販売に切り替えることになりました。

2020年初め パラリンピック観戦チケットの第2次抽選販売開始

2020年春 オリンピック・パラリンピック観戦チケット春期販売、公式リセールサービス販売開始

公式チケット販売サイトとチケット販売所でオリンピック・パラリンピックのチケット春期販売が行われます。チケット販売所で買うならTOKYO 2020 IDは不要です。リオオリンピックの時の国内販売所はチケットぴあでした。

最後のチャンスはリセールサービスです。2020年春に公式リセールサービスのサイトがオープンします。行けなくなってしまった人がチケットを出品するページなので、ここでチケットが手に入るかもしれません!

おまけ

ちょっと視野を広げて、2020年夏に向けて行われているテストイベントも東京オリンピックの一部だと考えてみれば、テストイベントを観戦するというのもアリ!?かもしれません。

東京オリンピック・パラリンピックの開催は2020年夏です。2020年は東京オリンピック・パラリンピックがあるので、祝日が変更になりますよ。花火大会の日程なども変わります。カレンダーをチェックして、思いっきり楽しみたいですね。

東京オリンピック・パラリンピック観戦チケットに当選したらやること

東京オリンピックの公式チケット抽選販売の結果は、マイチケット画面で確認できます。もし見事当選だったらおめでとうございます!まずは東京オリンピック記念ビールで乾杯!

次は購入手続きです。何をすればいいのか「公式チケット抽選販売でチケットが当たったらやること」についてまとめてみました。

メルマガ登録や旅行で東京オリンピック観戦チケットを当てよう

近畿日本ツーリストクラブツーリズムでは、東京オリンピックの観戦チケットが当たるW応援キャンペーンを2020年5月31日まで実施中です。2つの応募方法があります。

簡単なのは「“選んで”当てようコース」です。メルマガ登録をして、賞品を選んで応募するだけ!無料で応募できます。

もうひとつの「“旅して”当てようコース」はメルマガ登録をして、対象の旅行に参加することで自動エントリーとなります。毎月誰かに当たります。ということは、あまり多くの人が旅行しない月が狙い目?こちらのコースは、近畿日本ツーリストのメルマガとクラブツーリズムのメルマガの両方に登録したら当選確率が2倍になりますよ。

メルマガ登録をすると、東京オリンピック公式観戦ツアーの情報をいち早く受け取ることができて、また、メルマガ限定ツアーや先行受付など特典も盛りだくさんです。チェックしてみてください。

無料で観戦!東京オリンピックのチケットプレゼントキャンペーンまとめ

東京オリンピックのオフィシャルパートナーは、観戦チケットやグッズが当たるプレゼントキャンペーンを行っています。商品を買って応募する場合も、いつも愛用しているものが対象だとラッキーですね。9月19日からスタートする楽天市場お買い物マラソンで購入できるとポイントがたくさんたまってお得ですね。三井住友VISAカードで支払いをすると、その買い物が全額タダになるかも?

無料で応募できるものもありますよ。東京オリンピック観戦チケットが当たるキャンペーン情報をまとめます。

東京2020オリンピックのマラソンコースを走りたい

クラブツーリズムから、東京オリンピックのマラソンコースで撮影された新しいテレビCMが公開されました。そのCMの特別プランとして、東京オリンピックのマラソンコースを前編後編の2つに分けて、ゆっくりペースで走る日帰りツアー<地球を走ろう!>『東京2020オリンピックのマラソンコースを走ろう!』が開催されます。

東京2020オリンピックのマラソンコースを歩きたい

クラブツーリズムでは、東京2020オリンピックのマラソンコースをあるくツアーも開催されています。日本橋、浅草雷門、増上寺など東京の名所を巡るオリンピックのマラソンルートを6つに分けて、街の歴史に詳しいナビゲーターに案内してもらいながら歩く日帰りツアーです。

東京オリンピック競技会場を見学したい

クラブツーリズムで、最上級バス「ロイヤルクルーザー四季の華」とチャーター船で、東京オリンピックの会場をめぐる「大人の社会科見学 陸と海から見る 東京2020オリンピック・パラリンピック施設めぐり」ツアーが人気です。

2020年夏の予約ができるホテル

東京オリンピックまであと308日です。2020年夏の予約ができるホテルも 楽天トラベルじゃらんnetYahoo!トラベル で少しずつ見つかるようになってきました。

楽天トラベルの場合

楽天トラベルでは、2018年3月に銀座にオープンした「ホテルミュッセ銀座名鉄」、2020年7月1日オープン予定で有明アリーナに一番近い「ビレッジホテル 有明東京」、日本武道館の近くでマラソンで選手を3回見ることができる神保町交差点にも近い「ヴィラフォンテーヌ東京九段下」など50件のホテルが9月14日時点でヒットしました。

オリンピックスタジアムの最寄駅「国立競技場駅の周辺(半径10km)のホテル」をチェックしています。地図上に結果を表示することもできるので便利ですね。

じゃらんnetの場合

じゃらんnetでは、地図からホテルを探すことができます。左のリンクは、2020年8月9日に泊まれる東京駅周辺のホテルのMAPです。地図の縮尺を変えたり、神奈川や千葉の方に地図の中心をスライドして、その場で再検索ができるので便利です。

Yahoo!トラベルの場合

Yahoo!トラベルでは、都道府県単位でホテル・宿泊施設をまとめてチェックできます。「東京都」の場合、9月14日時点ではまだ検索結果は少なめで3件のみでしたが「ホテルサンシティ池袋池袋」や「相鉄フレッサイン日本橋人形町」など、楽天トラベル、じゃらんnetにはないホテルがヒットしました。

次に読みたい記事はこれ

よく読まれている記事