東京オリンピック観戦チケット結果発表はいつ?次のチャンスは?3次抽選はある?


東京オリンピック観戦チケット第2次抽選販売の結果発表は12月18日です。

その翌日、12月19日からはクラブツーリズムのホームページで東京オリンピック公式観戦ツアー第1回先着&第8回抽選販売の受付が開始予定です。

クラブツーリズムのHPはこちら東京オリンピック公式観戦ツアー
第1回先着&第8回抽選販売 12月19日から

東京オリンピック観戦チケット第2次抽選結果発表は12月18日

東京オリンピック観戦チケット第2次抽選販売のスケジュールは次の通りです。結果発表は12月18日です。

  • 抽選申込期間:2019年11月13日(水)未明~11月26日(火)11:59
  • 抽選結果発表:2019年12月18日(水)
  • 購入手続期間:2019年12月18日(水)~2020年1月10日(金)23:59

観戦チケットを入手できるチャンスは他にもある?

引用 テレビCM「クラブツーリズムで夢中に生きよう」

今回の第2次抽選販売の他にも、東京オリンピック観戦チケットをゲットできるチャンスはあるでしょうか?公式チケット販売スケジュールにはまだ「公式チケット春季販売」「公式リセールサービス」が残っています。

12月19日からはクラブツーリズムで東京オリンピック公式観戦ツアーの第1回先着&第8回抽選販売の受付が開始となります。観戦チケットが当たるオフィシャルパートナーのキャンペーンもいろいろあります。

第3次抽選はある?

予定通りなら、次の公式観戦チケットの購入のチャンスは2020年の春期販売ということになりますが、第2次抽選販売では、暑さ対策の問題などから一部の競技のチケットが販売の対象外になりました。なので、それらの競技のチケットを申し込めるチャンスが、もしかすると春期販売よりも前に「第3次抽選販売」として設けられるかもしれません。

あるいは1回目の時のように「第2次抽選の追加抽選販売」もあるかも?残りの枚数は少なくなってしまったかもしれませんが、まだチケットを手に入れるチャンスはありそうですね。

第2次抽選販売で対象外になった競技

東京オリンピック観戦チケット第2次抽選販売では、次のチケットが販売の対象外になりました。

  • 水泳マラソンスイミング
  • 陸上マラソン
  • 馬術クロスカントリー
  • トライアスロン

東京オリンピック観戦チケットが当たるキャンペーンをチェック

東京オリンピックのオフィシャルパートナーは、観戦チケットやグッズが当たるプレゼントキャンペーンを行っています。商品やサービスを購入して応募する場合も、普段から愛用しているものや、気になっていた商品が対象になっていたらチャンスですね。例えばパナソニックのテレビ「VIERA」やレコーダーの「DIGA」なら、もし外れてしまっても自宅で東京オリンピックを思いっきり楽しめそう!

メルマガに登録する、クイズに答える、SNSをフォローするなど無料で応募できるものもありますよ。観戦チケットが当たるキャンペーン情報をまとめます。

2020年春チケット春期販売&公式リセールサービス開始

公式チケット販売サイトとチケット販売所でオリンピック・パラリンピックのチケット春期販売が行われます。チケット販売所で買うならTOKYO 2020 IDは不要です。リオオリンピックの時の国内販売所はチケットぴあでした。

最後のチャンスはリセールサービスです。2020年春に公式リセールサービスのサイトがオープンします。行けなくなってしまった人がチケットを出品するページなので、ここでチケットが手に入るかもしれません!

日本人に人気のある競技はどれ?

東京オリンピックでは、33競技339種目の実施が決定しています。日本人はどんな競技を観たいと思っているのでしょうか。世論調査・市場調査の専門機関の一般社団法人 中央調査社が行なった2019年4月の「人気スポーツ」に関する全国意識調査の結果をチェックしてみましょう。

東京オリンピックへの関心と楽しみな競技についても調査が行われています。4人に3人が東京オリンピックに『関心あり』と答えていて、楽しみな競技の1位は、水泳(競泳)でした。東京オリンピックの競泳競技は、東京アクアティクスセンターで行われます。

2位は陸上(マラソン)でした。

東京オリンピックで楽しみな競技(上位20位)

質問:(回答票)「東京オリンピックではどの競技が楽しみですか。」(複数回答)

1位 水泳(競泳)
2位 陸上(マラソン)
3位 体操
4位 野球・ソフトボール
5位 卓球
6位 サッカー
7位 バレーボール
8位 柔道
9位 陸上(マラソン以外)
10位 テニス
11位 バドミントン
12位 レスリング
13位 バスケットボール
14位 水泳(アーティスティックスイミング)
15位 新体操
16位 ゴルフ
17位 水泳(水球)
18位 スケートボード
19位 ラグビー
20位 空手

引用 中央調査社(第 27 回)「人気スポーツ」調査(調査結果の概要)

ここには含まれていませんが、申込みの1番人気は開会式のチケットだったと言われています。会場で東京オリンピックを観戦したいと思っている人の4人に1人は競技より「開会式を見たい」と考えているとか?

そんな人気の開会式のチケットを、もしかしたらタダで手に入れられるかも?企業のプレゼントキャンペーンに応募してみるのもいいかもしれません。商品を購入しなくても誰でも応募できるものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

日本人が好きなプロスポーツは?

「人気スポーツ」に関する全国意識調査では、日本人が好きなプロスポーツについての調査も行われています。1位は「プロ野球」でした。そのあとに「プロサッカー」「大相撲」「プロテニス」「プロゴルフ」「プロボクシング」「プロバスケットボール」が続きます。

「プロ野球」は1996年から不動の1位で、日本ではとても人気が高いですが、実は世界的にはそうでもないようです。オリンピックでは、野球・ソフトボールは、2008年の北京以来の復活です。

野球が種目から外れた理由

  • 球場建設のコストが高い。そのうえ、五輪後の再利用や維持が難しい。
  • 野球の人気があるのはアジアとアメリカだけ。ヨーロッパでは野球の人気はないし、野球連盟もない。オリンピック加盟国206のうち、野球連盟があるのは110カ国。
  • アメリカ大リーグの主要選手は、夏季五輪中が大リーグのシーズン真っ最中なので不参加。世界最大のスポーツの祭典なのに、不参加なんてそんなのおかしい。じゃあべつに、なくていいじゃん。

東京の次は2024年パリオリンピックですが、スポーツクライミングサーフィンスケートボード、ブレークダンスの4競技が候補入りして、野球・ソフトボール空手は追加候補から落選してしまいました。2020年の東京オリンピック、全力で応援したいです。

東京オリンピック公式観戦ツアー受付12月19日から

東京オリンピック観戦チケット第2次抽選販売の結果発表は12月18日です。

その翌日、12月19日からはクラブツーリズムのホームページで東京オリンピック公式観戦ツアー第1回先着&第8回抽選販売の受付が開始予定です。

クラブツーリズムのHPはこちら東京オリンピック公式観戦ツアー
第1回先着&第8回抽選販売 12月19日から

東京オリンピック会場をめぐる大人の社会科見学が人気のクラブツーリズムの東京オリンピック公式観戦ツアーには、「決勝戦も観戦&表彰式も見逃さない!ラグビー男子観戦と浅草2日間」や「オリンピック競技大会観戦と豪華客船チャータークルーズ4日間」など素敵なプランが満載です。

中には「オリンピックスタジアムの熱戦観戦!気軽に陸上競技 日帰り」「気軽に観戦!バレーボール女子予選ラウンド日帰り」のようなお手軽なプランや、逆にこんな超豪華なプランも見つかります↓↓↓

オリンピック19競技を観戦 
とことん東京2020大会満喫19日間クラブツーリズムの東京2020オリンピック公式観戦ツアー


第1~第4ラウンドまで女子ゴルフをとことん満喫5日間」や「オリンピック男子サッカー/オリンピック女子サッカー横浜3日間」のようにひとつの競技を堪能できる観戦ツアーもいいですね。

2020年3月には、オリンピック発祥の地ギリシャで採火された当日に東京オリンピックの聖火を見ることができて、聖火引継式も見学できる「8つの世界遺産とエーゲ海クルーズ ギリシャ大周遊12日間」ツアーも開催予定です。

2020年夏の予約ができるホテル

2020年夏のプランがあるホテルは、Yahoo!トラベルなどで見つけることができます。例えば、こちらから東京オリンピックの開会式が行われる2020年7月24日に泊まれる東京のホテル一覧をチェックできます。東京オリンピック競技会場があるのは東京神奈川千葉埼玉茨城静岡福島札幌仙台エリアです。

宿泊+航空券がセットでお得な「ヤフーパック」もチェックしてみてください。こちらに国内宿泊で使えるクーポンもあります。まだ、年末年始に泊まれる宿も残っているでしょうか?

2020年夏に泊まれるホテルYahoo!トラベルで東京のホテルを検索 ヤフーパック国内宿泊+航空券がセットでお得

関連記事

よく読まれている記事

チケットの記事

東京2020オリンピック参考リンク

東京オリンピックのマラソンや競歩のコースが東京から札幌に変更されることになりました。東京オリンピック・パラリンピックの競技日程や聖火リレーについての最新情報は、東京2020JOCの公式サイトを、東京オリンピック公式観戦ツアーや関連ツアーの最新情報は、近畿日本ツーリストクラブツーリズムJTB東武トップツアーズの公式サイトをご覧ください。