東京パラリンピック聖火ランナー募集は2020年2月29日まで!聖火リレーの日程は?


東京パラリンピック聖火リレーの日程をご紹介します。パラリンピック聖火ランナー募集の詳細も発表されました。

東京オリンピック聖火ランナー当選発表は2019年12月以降です。各地を走る著名人の名前も続々と明らかになってきました。国内最初の聖火ランナーは、2011年にワールドカップ女子サッカーで優勝した「なでしこジャパン」の皆さんが務めることになりそうです。

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、福島県で聖火リレーが始まる2020年3月26日に泊まれる福島県のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる7月24日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

航空券もセットで予約するならYahoo!トラベルの「ヤフーパック」やJALの「JALダイナミックパッケージ」などを利用するとお得です。Yahoo!トラベルにはお得な日もたくさんあります。先着順で使える「お年玉クーポン」も配布されていました。

Yahoo!トラベル2020年3月26日に泊まれる福島県のホテル一覧 ヤフーパック国内宿泊+航空券がセットでお得

聖火リレーは桜の季節、2020年3月26日に福島県からグランドスタートします。トーチのデザインも桜です。世界遺産などの観光名所も数多く通過しながら121日間かけて全国を巡ります。

クラブツーリズムには全国各地の桜の名所や名勝地を楽しむ旅、地域の方達と一緒に作り上げる魅力的な旅が満載です。

クラブツーリズムのHPはこちら東京オリンピック公式観戦ツアー
第1回先着抽選販売も

クラブツーリズムでは、東京オリンピック公式観戦ツアーの第1回先着販売の受付がスタートしました。開催前にオリンピック・パラリンピック施設をめぐるツアーも人気です。

クラブツーリズムのHPはこちら東京オリンピック公式観戦ツアー
第1回先着抽選販売も

東京パラリンピックの聖火ランナーの応募方法は?

東京パラリンピック聖火ランナーの応募先は、パートナー企業のLIXILと、実行委員会を含む各都道府県です。

聖火ランナーの応募は、オリンピックとパラリンピック両方に応募できます。とはいえ、両方に選ばれる人っているのでしょうか。もしいたら、すごいですよね。

LIXILで応募する

  • 応募期間:11月27日~2020年2月29日
  • 応募方法:自薦用応募フォーム、または、推薦用申込みフォームから応募する。

各都道府県で応募する

  • 応募期間:12月16日~2020年2月15日
  • 応募方法:静岡県、千葉県、埼玉県、東京都の特設サイトから応募する

詳しい応募方法や条件については、東京2020公式サイトの「聖火ランナー募集|東京2020パラリンピック聖火リレー」ページをご覧ください。

東京パラリンピック聖火ランナー当選発表は2020年5月以降

LIXILで応募した場合は、2020年5月以降に事前に連絡が届き、その後東京2020組織委員会から正式な当選通知が来ます。

各都道府県で応募した場合は、2020年5月中旬以降、東京2020組織委員会から正式な当選通知が来ます。

東京パラリンピックの聖火リレーの日程

オリンピック閉会式後〜パラリンピック開会式までの間に開催されます。

2020年8月13日(木)− 17日(月)

700以上もの自治体で、採火式が行われます。リレーをしない43道府県では、聖火が出発する「出立式」も行います。

2020年8月18日(火)− 21日(金)

静岡、千葉、埼玉、東京の順に採火式と聖火リレーが行われます。

  • 8月18日(火)静岡県内
  • 8月19日(水)千葉県内
  • 8月20日(木)埼玉県内
  • 8月21日(金)東京都内

2020年8月21日(金)夜

各地から出立した聖火と、英国のストーク・マンデビルで採火した聖火を1つの炎へと統合する「全国集火式」が東京都内で開催されます。

2020年8月22日(土)− 25日(火)

東京都内で聖火リレーが再開されて、25日の夜に新国立競技場の聖火台に点火されます。

オリンピックの聖火リレーは47都道府県を巡りますが、パラリンピックの聖火リレーは、競技会場がある都道府県のみなんですね。会場の一覧はこちらです。

東京オリンピックの聖火リレーについてはこちらをご覧ください。

東京パラリンピック観戦チケット第2次抽選申込1月15日から

引用 観戦チケット申込かんたん説明ムービーCheck3 第2次抽選申込受付編

東京2020パラリンピック観戦チケット第2次抽選申込受付が1月15日から始まります。Tokyo 2020公式チャンネルで、第2次抽選申込受付編の動画が公開されました。申込期間は1月29日11:59までです。

東京オリンピック聖火ランナー当選発表は12月以降

東京オリンピック聖火ランナーの選考に通ったら2019年12月以降、まずは申込先の自治体やスポンサーから速報で当選連絡が届きます。その後、12月25日以降、東京2020組織委員会から正式な当選通知がメールまたは郵送で届きます。落選した場合は連絡はないそうです。(参考 よくあるご質問|東京2020オリンピック聖火リレー

旅の福袋!?行き先不明でお得なミステリーツアー

クラブツーリズムでは「どこに行くのかはお楽しみ」ミステリーツアーの受付を行なっています。行き先が分からない分、料金がリーズナブルで人気だそうですよ。福袋みたいでワクワクしますね。中には、どの国にいくか分からない「はじめての海外旅行ミステリー10日間」というツアーもありました。日本から約10,000キロ~12,000キロ離れた趣の異なる2カ国の別世界へご案内だそうです。

Googleで調べてみると、東京から、オリンピック聖火が採火されるギリシャまでの距離が約9,500キロということなので、そのくらい離れた国・・・どこへ行くのでしょうか?

ギリシャで走る日本人聖火ランナーに3人の金メダリスト

引用 Olympic - YouTube

オリンピック聖火はギリシャの世界遺産オリンピア遺跡で、太陽の光を鏡で集めて採火されます。2020年東京オリンピックの聖火採火式が行われるのは2020年3月12日です。その後、ギリシャ国内で8日間かけて聖火リレーを行います。

ギリシャで走る日本人最初の聖火ランナーには、2004年アテネオリンピック女子マラソン金メダリストの野口みずきさんが選ばれました。そしてあと2人、2020年3月19日の聖火引継式にも出席される予定の野村忠宏さん・吉田沙保里さんも、ギリシャ国内の聖火リレーでランナーを務められるそうです。

クラブツーリズムでは、2020年3月19日の聖火引継式や、3月12日に採火されたばかりの聖火をスタジアムで見学できるツアー「8つの世界遺産とエーゲ海クルーズ ギリシャ大周遊12日間」の開催を予定しています。誰より早く、これから日本全国を巡る聖火をオリンピック発祥の地ギリシャで見学できるなんて素敵なツアーなんでしょうか。

東京オリンピック公式観戦ツアー先着販売情報をチェック

東京オリンピック観戦チケット第2次抽選の結果が発表されました。用意された140万枚のチケットのうち、約50万枚ほどが売れ残ったそうです。2020年になりましたが、まだチケットゲットのチャンスは残っていそうですね。クラブツーリズムでは、東京オリンピック公式観戦ツアーの第1回先着販売の受付がスタートしています。開催前にオリンピック・パラリンピック施設をめぐるツアーも人気です。

クラブツーリズムのHPはこちら東京オリンピック公式観戦ツアー
第1回先着抽選販売も

東京オリンピック会場をめぐる大人の社会科見学が人気のクラブツーリズムの東京オリンピック公式観戦ツアーには、「決勝戦も観戦&表彰式も見逃さない!ラグビー男子観戦と浅草2日間」や「オリンピック競技大会観戦と豪華客船チャータークルーズ4日間」など素敵なプランが満載です。

中には「オリンピックスタジアムの熱戦観戦!気軽に陸上競技 日帰り」「気軽に観戦!バレーボール女子予選ラウンド日帰り」のようなお手軽なプランや、逆にこんな超豪華なプランも見つかります↓↓↓

オリンピック19競技を観戦 
とことん東京2020大会満喫19日間クラブツーリズムの東京2020オリンピック公式観戦ツアー


第1~第4ラウンドまで女子ゴルフをとことん満喫5日間」や「オリンピック男子サッカー/オリンピック女子サッカー横浜3日間」のようにひとつの競技を堪能できる観戦ツアーもいいですね。

2020年3月には、オリンピック発祥の地ギリシャで採火された当日に東京オリンピックの聖火を見ることができて、聖火引継式も見学できる「8つの世界遺産とエーゲ海クルーズ ギリシャ大周遊12日間」ツアーも開催予定です。

関連記事

よく読まれている記事

東京パラリンピックの記事

聖火リレーの記事

東京2020オリンピック参考リンク

東京オリンピックのマラソンや競歩のコースが東京から札幌に変更されることになりました。東京オリンピック・パラリンピックの競技日程や聖火リレーについての最新情報は、東京2020JOCの公式サイトを、東京オリンピック公式観戦ツアーや関連ツアーの最新情報は、近畿日本ツーリストクラブツーリズムJTB東武トップツアーズの公式サイトをご覧ください。