東京パラリンピック聖火ランナー募集は2020年2月29日まで!聖火リレーの日程は?


東京パラリンピック聖火リレーの日程をご紹介します。パラリンピック聖火ランナー募集の詳細も発表されました。

東京パラリンピックの聖火ランナーの応募方法は?

東京パラリンピック聖火ランナーの応募先は、パートナー企業のLIXILと、実行委員会を含む各都道府県です。

聖火ランナーの応募は、オリンピックとパラリンピック両方に応募できます。とはいえ、両方に選ばれる人っているのでしょうか。もしいたら、すごいですよね。

LIXILで応募する

  • 応募期間:11月27日~2020年2月29日
  • 応募方法:自薦用応募フォーム、または、推薦用申込みフォームから応募する。

各都道府県で応募する

  • 応募期間:12月16日~2020年2月15日
  • 応募方法:静岡県、千葉県、埼玉県、東京都の特設サイトから応募する

詳しい応募方法や条件については、東京2020公式サイトの「聖火ランナー募集|東京2020パラリンピック聖火リレー」ページをご覧ください。

東京パラリンピック聖火ランナー当選発表は2020年5月以降

LIXILで応募した場合は、2020年5月以降に事前に連絡が届き、その後東京2020組織委員会から正式な当選通知が来ます。

各都道府県で応募した場合は、2020年5月中旬以降、東京2020組織委員会から正式な当選通知が来ます。

東京パラリンピックの聖火リレーの日程

オリンピック閉会式後〜パラリンピック開会式までの間に開催されます。

2020年8月13日(木)− 17日(月)

700以上もの自治体で、採火式が行われます。リレーをしない43道府県では、聖火が出発する「出立式」も行います。

2020年8月18日(火)− 21日(金)

静岡、千葉、埼玉、東京の順に採火式と聖火リレーが行われます。

  • 8月18日(火)静岡県内
  • 8月19日(水)千葉県内
  • 8月20日(木)埼玉県内
  • 8月21日(金)東京都内

2020年8月21日(金)夜

各地から出立した聖火と、英国のストーク・マンデビルで採火した聖火を1つの炎へと統合する「全国集火式」が東京都内で開催されます。

2020年8月22日(土)− 25日(火)

東京都内で聖火リレーが再開されて、25日の夜に新国立競技場の聖火台に点火されます。

オリンピックの聖火リレーは47都道府県を巡りますが、パラリンピックの聖火リレーは、競技会場がある都道府県のみなんですね。会場の一覧はこちらです。

東京オリンピックの聖火リレーについてはこちらをご覧ください。

2021年まであと27日

2021年は安心してショッピングや東京オリンピック、旅行も楽しめる年になりますように。

東京オリンピックのオフィシャル旅行パートナーのクラブツーリズムには、年末年始のワクワクする旅のプランがありました。

引用:クラブツーリズム

ポイント最大44倍!楽天スーパーSALE開催中

2020年も残りわずかです。12月4日(金)から、楽天市場でポイントが最大44倍もらえる「楽天スーパーSALE」が始まりました。2020年最後のスーパーSALEです。

楽天ふるさと納税における寄付もSALEのキャンペーン対象になるので、ポイントをたくさんゲットできそうですね。

福袋にクリスマスプレゼントにお買い物も楽しい季節!

大人気漫画「鬼滅の刃」最終巻も、12月4日に発売されました。 鬼滅の刃はグッズも今とても人気で、楽天市場の様々なランキングにランクインしているのを見かけます。あまりに多いので気になって、こちらのページにまとめてみました。

あまりの人気で売り切れてしまう商品も少なくいようですが、クリスマスプレゼント最有力候補のひとつではないでしょうか。

今日は12月5日です。「5のつく日」なので、Yahoo!ショッピング楽天市場でエントリーすると買い物がお得になる日です。

関連記事

よく読まれている記事

聖火リレーの記事