飛込のオリンピック会場はどこ?日本代表内定選手は?


東京オリンピック飛込競技は、東京アクアティクスセンターで2020年7月26日〜8月8日に行われます。日本代表内定選手も少しずつ決まってきました。

※東京オリンピック・パラリンピックは延期が決定しました。オリンピックは2021年7月23日から8月8日まで、パラリンピックは2021年8月24日から9月5日までです。公式観戦ツアーを扱うクラブツーリズムは「東京2020オリンピック、パラリンピック公式観戦ツアーについては、ご予約いただいている方の権利を守りながら今後の対応を検討いたします。」と発表しています。

5月以降になればまた、東京2020オリンピック施設を見学するツアーも楽しめるようになるでしょうか。

クラブツーリズムのHPはこちら東京オリンピック公式観戦ツアーも

飛込の東京オリンピック日本代表内定選手

男子シンクロ板飛込:寺内 健・坂井 丞ペア

寺内 健・坂井 丞ペアは、男子シンクロ板飛び込みで7位入賞しました。

女子高飛込:荒井 祭里選手

女子3m板飛込:三上 紗也可選手

三上選手も18歳!三上選手(2001年1月生まれ)、荒井選手(2000年12月生まれ)は同学年です。これからが楽しみな選手ですね。

東京オリンピックの飛込競技は東京アクアティクスセンター

東京アクアティクスセンターは、東京オリンピックの水泳競泳飛込アーティスティックスイミング)、パラリンピックの水泳競技会場です。東京都江東区にあります。最寄駅は「辰巳駅」徒歩約10分です。

東京を楽しむ旅・東京から出発する旅

クラブツーリズムで、陸と海から東京オリンピックの会場をめぐる「大人の社会科見学 陸と海から見る 東京2020オリンピック・パラリンピック施設めぐり」ツアーが人気です。

新国立競技場を手掛けた建築家・隈研吾さんデザイン監修の最上級バス「ロイヤルクルーザー四季の華“海号”」でオリンピックスタジアムお台場海浜公園などを巡った後に、チャーター船で選手村有明アーバンスポーツパーク有明体操競技場有明アリーナ東京アクアティクスセンター東京辰巳国際水泳場などの施設をガイド付きの特別航路で巡ります。

東京の見どころ、観光スポットはどこでしょうか?豊富な旅を扱うクラブツーリズムでぜひ、モデルコースやおすすめポイントをチェックしてみてください。東京から出発する旅のプランもあれば見てみたいです。聖火リレーが行われる日にその地域で過ごすなど、2020年は日本全国で特別な旅の楽しみ方ができそうですね。

クラブツーリズムのHPはこちら東京オリンピック公式観戦ツアーも

東京オリンピック施設を陸と海から巡る大人の社会科見学

クラブツーリズムで、陸と海から東京オリンピックの会場をめぐる「大人の社会科見学 陸と海から見る 東京2020オリンピック・パラリンピック施設めぐり」ツアーが人気です。

新国立競技場を手掛けた建築家・隈研吾さんデザイン監修の最上級バス「ロイヤルクルーザー四季の華“海号”」でオリンピックスタジアムお台場海浜公園などを巡った後に、チャーター船で選手村有明アーバンスポーツパーク有明体操競技場有明アリーナ東京アクアティクスセンター東京辰巳国際水泳場などの施設をガイド付きの特別航路で巡ります。

関連記事

よく読まれている記事

東京の記事

東京アクアティクスセンターの記事

水泳の記事

競技の記事

飛込の記事

東京2020オリンピック参考リンク

東京オリンピック・パラリンピックは延期が決定しました。競技日程や聖火リレーについての最新情報は、東京2020JOCの公式サイトを、東京オリンピック公式観戦ツアーや関連ツアーの最新情報は、近畿日本ツーリストクラブツーリズムJTB東武トップツアーズの公式サイトをご覧ください。