栃木県の聖火リレーは2021年のいつ?ランナーは誰?ルート・観光スポットは?


栃木県で東京オリンピック聖火リレーが行われるのは2021年3月28日(日)・29日(月)です。11市5町を巡ります。

聖火リレーは、2021年3月25日に福島県をスタートして、121日間かけて全都道府県を回ります。世界遺産などの観光名所も数多く通過する予定です。

引用:クラブツーリズム

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、栃木県で聖火リレーが始まる2021年3月28日に泊まれる栃木県のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる2021年7月23日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

栃木県の聖火リレー2021年の日程とルート

栃木県は東京オリンピック聖火リレー2番目の都道府県です。福島県から聖火を受け取って、2021年2021年3月28日(日)に足利市を出発、2021年3月29日(月)宇都宮市の栃木県庁を目指します。

栃木県の聖火リレーは、日本最古の学校として知られる「史跡 足利学校」のある足利市を出発し、「山あげ祭」で有名な那須烏山市で1日目のセレブレーションを実施します。2日目は雄大な那須高原の裾野の那須町を出発し、県都宇都宮市でセレブレーションを実施します。

みどころは、世界遺産「日光の社寺(二荒山神社、東照宮、輪王寺)」で有名な日光市、江戸情緒あふれる蔵の街 栃木市、きらびやかに飾られた彫刻屋台で有名な鹿沼市などです。

引用 Torch Relay Route Prefecture - |東京2020

世界遺産「日光の社寺」も通過する予定です。ツアーでも人気の旅行先です。

引用:クラブツーリズム

栃木県の聖火リレー1日目

2021年3月28日は、東京オリンピック聖火リレーが栃木県の足利市佐野市小山市茂木町栃木市上三川町真岡市那須烏山市で行われる日です。茂木町では道の駅もてぎ付近でSLと並走するリレーを見ることができるそうです。栃木市では蔵の街で遊覧船によるリレーを見ることができるそうです。予定されているセレブレーション会場は、JR烏山駅前 多目的広場(那須烏山市)です。3月28日に泊まれる栃木県のホテル一覧はこちら

2019年12月時点では、次のようなルートが発表されていました。

  • 足利市 足利市総合運動公園陸上競技場南側広場を出発して、足利市役所を目指します。
  • 佐野市 佐野駅南口前を出発して、佐野市郷土博物館駐車場を目指します。
  • 小山市 小山市立若木小学校南を出発して、小山御殿広場を目指します。
  • 茂木町 茂木街道踏切西を出発して、道の駅もてぎを目指します。
  • 栃木市 例幣使街道道標前を出発して、とちぎ山車会館入口前を目指します。
  • 上三川町 大型ホームセンター東側通路を出発して、大型ホームセンター南側駐車場を目指します。
  • 真岡市 SLキューロク館前を出発して、真岡市民公園を目指します。
  • 上三川町 白鷺神社拝殿前を出発して、上三川いきいきプラザ南多目的広場を目指します。
  • 那須烏山市 栃木県立烏山高等学校前を出発して、JR烏山駅前多目的広場を目指します。

栃木県の聖火リレー2日目

2021年3月29日は、東京オリンピック聖火リレーが栃木県の那須町さくら市益子町那須塩原市壬生町日光市鹿沼市宇都宮市で行われる日です。宇都宮市では宇都宮市大通りで自転車によるリレーを見ることができるそうです。予定されているセレブレーション会場は、栃木県庁(宇都宮市)です。3月29日に泊まれる栃木県のホテル一覧はこちら

2019年12月時点では、次のようなルートが発表されていました。

  • 那須町 那須町遊行庵駐車場を出発して、那須町立東陽小学校北を目指します。
  • さくら市 早乙女桜並木を出発して、さくら市喜連川図書館前を目指します。
  • 那須塩原市 タイヤ工場北側駐車場入口を出発して、那須塩原市立大原間小学校を目指します。
  • 益子町 道祖土交差点南を出発して、城内坂交差点を目指します。
  • 壬生町 獨協医科大学を出発して、壬生町総合公園陸上競技場を目指します。
  • 日光市 日光二荒山神社拝殿前を出発して、東武日光駅前広場を目指します。
  • 鹿沼市 「上殿」バス停留所を出発して、まちの駅 新・鹿沼宿を目指します。
  • 宇都宮市 宇都宮城址公園を出発して、栃木県庁を目指します。

栃木県の次は群馬県で聖火リレーが行われます。

栃木県の聖火ランナー応募倍率は94倍

聖火ランナー応募人数は2,532人、94倍の応募倍率だったそうです。

  • 一般公募枠:25人
  • 推薦枠:19人
  • オフィシャルスポンサー枠:116人

 2020年東京五輪の本県聖火リレーを走る県推薦公募ランナーの募集が8月末で締め切られ、25人の枠に2352人の応募があったことが、2日までの県総合政策部のまとめで分かった。県民らの関心の高さの表れとみられ、倍率は94倍に達した。聖火リレーのトーチを巡り、本県でも厳しい選考レースとなりそうだ。

引用 聖火ランナー、選考も“激戦” 栃木県公募、2352人応募で倍率94倍|社会,政治行政|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

栃木県の聖火ランナーは誰?

栃木県の聖火ランナーとして名前が発表されている著名人を一部ご紹介します(参考:栃木県)。

  • 足利市の高校でレスリングを始めた1976年モントリオール五輪代表の元プロレスラーの谷津嘉章さん(出身は群馬県明和町
  • 栃木県育英会理事長を務める元クレー射撃メキシコ1968五輪代表で、同じくクレー射撃で東京2020代表に内定した石原奈央子さんの父親の石原敬士さん
  • 矢板市在住の北京2008パラリンピック出場のマラソン選手の加治佐博昭さん(出身は鹿児島県
  • 日光市在住の北京2008、ロンドン2012パラリンピックシッティングバレ-ボ-ル代表選手の金田典子さん
  • 栃木県障害者水泳協会代表で2016リオパラリンピックボート競技日本代表の駒﨑茂さん(出身は埼玉県

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、栃木県で聖火リレーが始まる2021年3月28日に泊まれる栃木県のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる2021年7月23日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

栃木県の交流相手国「ハンガリー」への旅

栃木県は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける「ハンガリー」のホストタウンです(2019年12月時点)。早く海外にも安心して旅行ができるようになるといいですね。クラブツーリズムでは、2021年2月以降に予定されている海外旅行のプランをチェックすることができます。

2021年まであと29日

2020年も残りわずかです。12月4日からは楽天市場でポイントが最大44倍もらえる「楽天スーパーSALE」がスタートします。福袋にクリスマスプレゼントにお買い物が楽しい季節ですね。

楽天ふるさと納税における寄付もスーパーSALEのキャンペーン対象になるので、ポイントをたくさんゲットできそうです。

2021年は安心してショッピングや旅行や、東京オリンピックを楽しめる年になりますように。

旅行会社のクラブツーリズムには、年末年始のワクワクする旅のプランが見つかるようになりました。

引用:クラブツーリズム

よく読まれている記事

栃木の記事

聖火リレーの記事