大分県で聖火の展示2020年12月4日~8日まで!2021年の聖火リレー日程は?ランナーは誰?


大分県で東京オリンピック聖火リレーが行われるのは2021年4月23日(金)・24日(土)です。全18市町村を巡ります。そして一足早く2020年12月4日(金)~8日(火)の間、中津市、別府市、竹田市、大分市に聖火がやってきますよ!

聖火リレーは、2021年3月25日に福島県をスタートして、121日間かけて全都道府県を回ります。世界遺産などの観光名所も数多く通過する予定です。

引用:クラブツーリズム

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、大分県で聖火リレーが始まる2021年4月23日に泊まれる大分県のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる2021年7月23日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

大分県の聖火の展示期間は2020年12月4日(金)~8日(火)

2021年春からの聖火リレーの前に、大分県に聖火がやってきます!新型コロナウイルス感染症を乗り越えて、地域の元気を取り戻すために実施されることになりました。

大分県の中津市別府市竹田市大分市で展示が行われます。詳しい展示場所や日程は分かり次第ご紹介します。

大分県の聖火リレー2021年の日程とルート

大分県は東京オリンピック聖火リレー15番目の都道府県です。愛媛県から聖火を受け取って、2021年2021年4月23日(金)に別府市を出発、2021年4月24日(土)大分市の(仮称)祝祭の広場を目指します。

大分県の聖火リレーは、日本一の温泉源泉数と湧出量を誇る別府市から出発し、国東半島へ移動した後に県北部を訪れ、日田市で1日目のセレブレーションを実施します。2日目は、童話の里で知られる玖珠町から出発し、由布院や豊肥地区に向かった後に県南部を訪れ、大分市でセレブレーションを実施します。

みどころは、豊後高田市の昭和30年代の町並みを再現した「昭和の町」と呼ばれる地区や、間近で滝を眺めることのできる豊後大野市の原尻の滝、九重連山の壮大な景観を眺めることができる九重“夢”大吊橋などです。

引用 Torch Relay Route Prefecture - |東京2020

大分県は日本一の「おんせん県」です。[ct]にも素敵な温泉旅行のプランが見つかります。ツアーでも人気の旅行先です。

引用:クラブツーリズム

大分県の聖火リレー1日目

2021年4月23日は、東京オリンピック聖火リレーが大分県の別府市日出町杵築市国東市姫島村豊後高田市宇佐市中津市日田市で行われる日です。予定されているセレブレーション会場は、中央公園(日田市)です。4月23日に泊まれる大分県のホテル一覧はこちら

2019年12月時点では、次のようなルートが発表されていました。

  • 別府市 別府市国際観光港多目的広場を出発して、的が浜公園を目指します。
  • 日出町 八日市交差点西を出発して、ENEOS西石油SS前を目指します。
  • 杵築市 市道守末下原線を出発して、藩校の門前を目指します。
  • 国東市 小原バス停を出発して、国東市役所を目指します。
  • 姫島村 姫島港を出発して、姫島村役場を目指します。
  • 豊後高田市 豊後高田市役所を出発して、豊後高田商工会議所前を目指します。
  • 宇佐市 宇佐高校前バス停を出発して、呉橋を目指します。
  • 中津市 中津市立樋田小学校付近を出発して、耶馬トピアを目指します。
  • 日田市 日の出町バス停を出発して、中央公園を目指します。

大分県の聖火リレー2日目

2021年4月24日は、東京オリンピック聖火リレーが大分県の玖珠町九重町由布市竹田市佐伯市津久見市臼杵市豊後大野市大分市で行われる日です。予定されているセレブレーション会場は、(仮称)祝祭の広場(大分市)です。4月24日に泊まれる大分県のホテル一覧はこちら

2019年12月時点では、次のようなルートが発表されていました。

  • 玖珠町 メルサンホール駐車場を出発して、玖珠川河川敷を目指します。
  • 九重町 温泉入口交差点を出発して、九重”夢”大吊橋 北方ゲート駐車場を目指します。
  • 由布市 由布院駅前を出発して、金鱗湖美術館を目指します。
  • 竹田市 竹田市役所を出発して、竹田市立歴史資料館前を目指します。
  • 佐伯市 佐伯市歴史資料館前を出発して、佐伯市役所を目指します。
  • 津久見市 ENEOS港町SSを出発して、津久見市民会館を目指します。
  • 臼杵市 臼杵津久見警察署前を出発して、臼杵歴史資料館付近を目指します。
  • 豊後大野市 二宮八幡社前を出発して、緒方三郎惟栄館跡を目指します。
  • 大分市 かんたん港園を出発して、祝祭の広場を目指します。

大分県の次は宮崎県で聖火リレーが行われます。

大分県の聖火ランナー募集人数の内訳

  • 一般公募枠:22人
  • 推薦枠:22人
  • オフィシャルスポンサー枠:116人前後

 

大分県の聖火ランナーは誰?

大分県の聖火ランナーとして名前が発表されている著名人を一部ご紹介します(参考:大分経済新聞B&G財団)。

  • 大分市出身のタレントの指原莉乃さん
  • 日出町在住の「スーパーボランティア」の尾畠春夫さん
  • 津久見市出身の水泳200M平泳ぎの渡辺一平さん

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、大分県で聖火リレーが始まる2021年4月23日に泊まれる大分県のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる2021年7月23日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

大分県の交流相手国「アメリカ」などへの旅

大分県は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける「アメリカ」「イタリア」「ニュージーランド」「フィジー」「ポルトガル」「ロシア」「ハンガリー」「ルーマニア」「ウクライナ」「マレーシア」のホストタウンです(2019年12月時点)。早く海外にも安心して旅行ができるようになるといいですね。クラブツーリズムでは、2021年2月以降に予定されている海外旅行のプランをチェックすることができます。

引用:クラブツーリズム

2021年まであと31日

2021年まであと31日です。

2021年は安心して東京オリンピックや旅行を楽しめる年になりますように。

旅行会社のクラブツーリズムには、年末年始のワクワクする旅のプランが見つかるようになりました。

引用:クラブツーリズム

よく読まれている記事

こちらもおすすめ

大分の記事

聖火リレーの記事