宮崎県の聖火リレーは2021年のいつ?ランナーは誰?ルート・観光スポットは?


宮崎県で東京オリンピック聖火リレーが行われるのは2021年4月25日(日)・26日(月)です。12市町を巡ります。

聖火リレーは、2021年3月25日に福島県をスタートして、121日間かけて全都道府県を回ります。世界遺産などの観光名所も数多く通過する予定です。

引用:クラブツーリズム

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、宮崎県で聖火リレーが始まる2021年4月25日に泊まれる宮崎県のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる2021年7月23日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

宮崎県の聖火リレー2021年の日程とルート

宮崎県は東京オリンピック聖火リレー16番目の都道府県です。大分県から聖火を受け取って、2021年2021年4月25日(日)に高千穂町を出発、2021年4月26日(月)えびの市のコカ・コーラ ボトラーズジャパン(株) グリーンパークえびのを目指します。

宮崎県の聖火リレーは、県北部の高千穂町から出発し、太平洋の海際に建つ大御神社を有する日向市などを巡りながら県中央部に向けて進み、宮崎市で1日目のセレブレーションを実施します。2日目は、宮崎市から出発したあと県南西部を訪れ、えびの市でセレブレーションを実施します。

みどころは、高千穂郷八十八社の総社で1900年前に創建された高千穂神社や、亜熱帯性植物が多く茂り、奇岩「鬼の洗濯板」に囲まれた宮崎市の青島、「九州の小京都」と呼ばれ、江戸時代を彷彿させる町並みが楽しめる日南市の飫肥城下町などです。

引用 Torch Relay Route Prefecture - |東京2020

高千穂神社や「鬼の洗濯板」がある青島なども回る予定です。ツアーでも人気の旅行先です。

引用:クラブツーリズム

宮崎県の聖火リレー1日目

2021年4月25日は、東京オリンピック聖火リレーが宮崎県の高千穂町延岡市日向市高鍋町西都市宮崎市で行われる日です。予定されているセレブレーション会場は、宮崎県庁前楠並木通(宮崎市)です。4月25日に泊まれる宮崎県のホテル一覧はこちら

2019年12月時点では、次のようなルートが発表されていました。

  • 高千穂町 高千穂神社を出発して、くしふる神社を目指します。
  • 延岡市 延岡市役所前を出発して、柔道場前を目指します。
  • 日向市 大御神社を出発して、お倉ヶ浜総合公園を目指します。
  • 高鍋町 高鍋保健所前を出発して、舞鶴公園を目指します。
  • 西都市 西都原イベント広場を出発して、あいそめ広場を目指します。
  • 宮崎市 宮崎神宮を出発して、県庁前楠並木通を目指します。

宮崎県の聖火リレー2日目

2021年4月26日は、東京オリンピック聖火リレーが宮崎県の宮崎市日南市串間市三股町都城市小林市えびの市で行われる日です。予定されているセレブレーション会場は、コカ・コーラ ボトラーズジャパン(株) グリーンパークえびの(えびの市)です。4月26日に泊まれる宮崎県のホテル一覧はこちら

2019年12月時点では、次のようなルートが発表されていました。

  • 宮崎市 こどものくにを出発して、青島参道南広場を目指します。
  • 日南市 星倉4丁目コンビニ前を出発して、飫肥城内鐘撞堂下を目指します。
  • 串間市 串間市総合運動公園を出発して、寺里交差点先を目指します。
  • 三股町 三股町多目的スポーツセンターを出発して、西部地区体育館を目指します。
  • 都城市 Mallmall まちなか広場を出発して、都城市総合文化ホール前を目指します。
  • 小林市 東上町交差点先を出発して、小林市役所を目指します。
  • えびの市 えびの駅を出発して、グリーンパークえびのを目指します。

宮崎県の次は鹿児島県で聖火リレーが行われます。

宮崎県の聖火ランナー応募人数は2,103人!応募倍率は72.5倍

宮崎県の聖火ランナー募集人数の内訳

  • 一般公募枠:29人
  • 推薦枠:15人
  • オフィシャルスポンサー枠:116人前後

聖火ランナー県内応募2103人 倍率72・5倍、狭き門

 2020年東京五輪の聖火ランナーについて、県は6日、県実行委員会への応募人数が定員の72・5倍となる2103人だったと発表した。同実行委での選考を経て東京2020組織委員会が承認し、当選者には12月以降に通知する。

引用 聖火ランナー県内応募2103人 倍率72・5倍、狭き門 – Miyanichi e-press

宮崎県の聖火ランナーは誰?

宮崎県の聖火ランナーとして名前が発表されている著名人を一部ご紹介します(参考:Miyanichi e-press)。

  • 延岡市出身のオリンピック競泳銀メダリストの松田丈志さん
  • 宮崎市出身のオリンピック柔道金メダリストの井上康生さん
  • 日南市出身の五輪二大会連続出場の元マラソン選手の谷口浩美さん

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、宮崎県で聖火リレーが始まる2021年4月25日に泊まれる宮崎県のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる2021年7月23日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

宮崎県の交流相手国「イタリア」などへの旅

宮崎県は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける「イタリア」「ドイツ」「イギリス」「カナダ」のホストタウンです(2019年12月時点)。早く海外にも安心して旅行ができるようになるといいですね。クラブツーリズムでは、2021年2月以降に予定されている海外旅行のプランをチェックすることができます。

引用:クラブツーリズム

2021年まであと29日

2020年も残りわずかです。12月4日からは楽天市場でポイントが最大44倍もらえる「楽天スーパーSALE」がスタートします。福袋にクリスマスプレゼントにお買い物が楽しい季節ですね。

楽天ふるさと納税における寄付もスーパーSALEのキャンペーン対象になるので、ポイントをたくさんゲットできそうです。

2021年は安心してショッピングや旅行や、東京オリンピックを楽しめる年になりますように。

旅行会社のクラブツーリズムには、年末年始のワクワクする旅のプランが見つかるようになりました。

引用:クラブツーリズム

よく読まれている記事

宮崎の記事

聖火リレーの記事