マラソングランドチャンピオンシップ2019の結果


マラソンのグランドチャンピオンシップが、9月15日に行われました。東京オリンピックテストイベントに位置付けられているこの大会で、東京オリンピック出場選手が4名内定しました。

東京オリンピックのマラソン日本代表内定選手

マラソングランドチャンピオンシップで優勝&準優勝した選手が、日本代表選手に内定しました。

男子:中村 匠吾選手

男子:服部 勇馬選手

女子:前田 穂南選手、鈴木 亜由子選手

この4人の選手は、今回のマラソングランドチャンピオンシップで上位の2人です。いくつかの大会の成績を総合して協会など人の意見をまとめて決定するよりは「1つの大会の上位者=代表選手に内定」というのは、解りやすくていいですね。

マラソンの日本人出場枠は男女3人ずつなので、男女ともあと1枠ですね。残りの1人は「日本陸連が指定した大会で設定記録の最上位者」が、内定選手に選ばれます。

マラソングランドチャンピオンシップの結果

男子

  • 1位:中村 匠吾(2:11:28)
  • 2位:服部勇馬(2:11:36)
  • 3位:大迫傑(2:11:41)

女子

  • 1位:前田穂南(2:25:15)
  • 2位:鈴木亜由子(2:29:02)
  • 3位:小原怜(2:29:06)

 

マラソングランドチャンピオンシップのマラソンルート

スタートとゴールは明治神宮ですが、その他のルートは(東京でオリンピックのマラソン競技が開催される場合は)オリンピック本番と同じです。

引用 マラソングランドチャンピオンシップ

無料で観戦できるかも?東京2020テストイベント

引用 チケットぴあ

東京オリンピックの「テストイベント」に位置付けられているワールドカップ世界選手権などの競技大会が、日本で次々と開催されています。(参考:東京2020テストイベント|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

テストイベントは、オリンピック・パラリンピックの成功に向けて、スムーズな大会運営を行うための確認作業、予行演習を兼ねて行われます。東京2020にむけて盛り上がる意味も込められているので、チケットぴあなどでチケットを買って観戦できる大会や、入場無料でタダで観戦できる大会もありますよ。

2020年夏のオリンピック本番に近い形で開催されるのに、争奪戦はそれほど激しくないので観戦チケット狙い目です♪

関連記事

よく読まれている記事

テストイベントの記事

マラソンの記事

結果の記事

陸上の記事

東京2020オリンピック参考リンク

東京オリンピック・パラリンピックは延期が決定しました。競技日程や聖火リレーについての最新情報は、東京2020JOCの公式サイトを、東京オリンピック公式観戦ツアーや関連ツアーの最新情報は、近畿日本ツーリストクラブツーリズムJTB東武トップツアーズの公式サイトをご覧ください。