マラソングランドチャンピオンシップ2019の結果
#マラソン

マラソンのグランドチャンピオンシップが、9月15日に行われました。東京オリンピックテストイベントに位置付けられているこの大会で、東京オリンピック出場選手が4名内定しました。

東京オリンピックのマラソン日本代表内定選手

マラソングランドチャンピオンシップで優勝&準優勝した選手が、日本代表選手に内定しました。

男子:中村 匠吾選手

男子:服部 勇馬選手

女子:前田 穂南選手、鈴木 亜由子選手

この4人の選手は、今回のマラソングランドチャンピオンシップで上位の2人です。いくつかの大会の成績を総合して協会など人の意見をまとめて決定するよりは「1つの大会の上位者=代表選手に内定」というのは、解りやすくていいですね。

マラソンの日本人出場枠は男女3人ずつなので、男女ともあと1枠ですね。残りの1人は「日本陸連が指定した大会で設定記録の最上位者」が、内定選手に選ばれます。

マラソングランドチャンピオンシップの結果

男子

  • 1位:中村 匠吾(2:11:28)
  • 2位:服部勇馬(2:11:36)
  • 3位:大迫傑(2:11:41)

女子

  • 1位:前田穂南(2:25:15)
  • 2位:鈴木亜由子(2:29:02)
  • 3位:小原怜(2:29:06)

 

マラソングランドチャンピオンシップのマラソンルート

スタートとゴールは明治神宮ですが、その他のルートは(東京でオリンピックのマラソン競技が開催される場合は)オリンピック本番と同じです。

引用 マラソングランドチャンピオンシップ

関連記事

タグ

#テストイベント#マラソン#東京2020オリンピック#結果#陸上競技

関連記事

東京2020オリンピック・パラリンピック関連リンク集

オリンピックについてのツイート