京丹波町で2021年、聖火リレーはある?


京丹波町では東京オリンピック聖火リレーは、残念ながら実施されないようです。

京都府の聖火リレーは2021年5月25日スタートです。

引用:クラブツーリズム

京都府の2021年の聖火リレーの日程やルートについて

京都府の2021年の聖火リレーの日程やルートについてはこちらをご覧ください。

京都府の聖火ランナーは誰?

京都府の聖火ランナーとして名前が発表されている著名人を一部ご紹介します(参考:毎日新聞)。

  • 八幡市出身の将棋棋士の佐藤康光さん

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、京都府で聖火リレーが始まる2021年5月25日に泊まれる京都府のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる2021年7月23日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

京丹波町の交流相手国「ニュージーランド」への旅

京都府京丹波町は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける「ニュージーランド」のホストタウンです(2019年12月時点)。早く海外にも安心して旅行ができるようになるといいですね。クラブツーリズムでは、2021年2月以降に予定されている海外旅行のプランをチェックすることができます。

引用:クラブツーリズム

2021年の東京オリンピックでナイキの厚底シューズが使用可能に

ナイキの厚底ランニングシューズが「このシューズで走ると好記録が出すぎる」と話題です。

ケニアのエリウド・キプチョゲ選手はこのシューズで人類初のフルマラソン2時間切りを達成、大迫傑選手も厚底シリーズの「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」で日本新記録を樹立しました。

ということは今、厚底シューズは人気でしょうか?