バドミントンのジャパンオープン2019大会の結果


www.daihatsu-badminton.com

引用 ダイハツバドミントン公式サイト

バドミントンのジャパンオープン、ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2019バドミントン選手権大会が、7月23日〜28日に武蔵野の森スポーツプラザで行われました。

バドミントンジャパンオープン2019の見どころ

シングルスの世界ランク15位以上、ダブルスの10位以上の選手は出場義務がある大会です。東京オリンピックのテストイベントに位置付けられていました。

日本はバドミントン強豪国で、世界ランキングの上位に日本選手がたくさんいます。

世界ランキング1位 桃田賢斗の連覇を阻む選手は現れるか。2020年の東京オリンピックでメダルを期待される日本のトップ選手たちがしのぎを削る。

引用 チケットぴあ

桃田賢斗選手は男子シングルス世界ランキング1位、嘉村健士選手・園田啓悟選手ペアは男子ダブルス世界ランキング2位。女子ダブルスは世界ランキング1〜3位を日本が独占しています。女子ダブルスの世界トップスリーの戦いは、ジャパンオープン2019でしか見られません!女子ダブルスの東京オリンピック出場枠は「2」なので、東京オリンピックに出られないペアがいるんですね。

桃田賢斗選手はヨネックスのラケットのCMに出演しています。「ASTROX 99を使って世界選手権で優勝したい」と語り、その言葉の通り世界王者になりました。素晴らしいですね。ASTROX 99、楽天市場AmazonYahoo!ショッピングでチェックしてみてください。

バドミントンジャパンオープン2019の大会結果

男子シングルス

  • 優勝:桃田賢斗(日本)
  • 準優勝:Jonatan CHRISTIE(インドネシア)
  • 第3位:Sai Praneeth B.(インド)、Jan O JORGENSEN(デンマーク)

桃田賢斗選手は、男子シングルスで2連覇達成!おめでとうございます!

男子ダブルス

  • 優勝:Marcus・Kevinペア(インドネシア)
  • 準優勝:Mohammad・Hendra(インドネシア)
  • 第3位:園田・嘉村ペア、LI・LIUペア(中国)

ソノカムペアは3位!おめでとうございます。

女子シングルス

  • 優勝:山口茜(日本)
  • 準優勝:奥原希望(日本)
  • 第3位:Michelle  LI(カナダ)、CHEN YU Fei(中国)

日本のバドミントンは強いですね。山口茜選手は世界ランキング1位復活です!

山口茜選手と奥原希望選手のツーショットも見つけました。

女子ダブルス

  • 優勝:KIM・KONGペア(韓国)
  • 準優勝:永原・松本ペア(日本)
  • 第3位:髙橋・松友ペア、LI・ZHENGペア(中国)

準優勝のナガマツペアの試合後コメントを見つけました。

第3位のタカマツペアの戦いも、引き続き注目していきたいと思います。

 

無料で観戦できるかも?東京2020テストイベント

引用 チケットぴあ

東京オリンピックの「テストイベント」に位置付けられているワールドカップ世界選手権などの競技大会が、日本で次々と開催されています。(参考:東京2020テストイベント|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

テストイベントは、オリンピック・パラリンピックの成功に向けて、スムーズな大会運営を行うための確認作業、予行演習を兼ねて行われます。東京2020にむけて盛り上がる意味も込められているので、チケットぴあなどでチケットを買って観戦できる大会や、入場無料でタダで観戦できる大会もありますよ。

2020年夏のオリンピック本番に近い形で開催されるのに、争奪戦はそれほど激しくないので観戦チケット狙い目です♪

関連記事

よく読まれている記事

テストイベントの記事

バドミントンの記事

結果の記事

東京2020オリンピック参考リンク

東京オリンピック・パラリンピックは延期が決定しました。競技日程や聖火リレーについての最新情報は、東京2020JOCの公式サイトを、東京オリンピック公式観戦ツアーや関連ツアーの最新情報は、近畿日本ツーリストクラブツーリズムJTB東武トップツアーズの公式サイトをご覧ください。