市橋有里が聖火ランナーに!2021年4月15日に出身地の徳島を走る!今の年齢は?誕生日は11月
#聖火ランナー#徳島県出身

sports.nhk.or.jp

引用 sports.nhk.or.jp

マラソン元日本代表の市橋有里さんが、徳島県聖火ランナーに選ばれています。出身地は徳島県鳴門市です。

11月22日生まれで、いま43歳です。

3月25日から始まった聖火リレーは「インターネットのライブ中継視聴」が推奨されています。これから3ヶ月のインターネット接続を0円で楽しめるキャンペーンを楽天モバイルが行っています

2021年は東京オリンピック競技大会も花火大会も無事開催できますように。











市橋有里が徳島県の聖火ランナーに!走るのはいつ?

聖火ランナーを務めるのは2020年4月16日の予定でしたが、聖火リレー自体が約1年の延期となりました。日付としては1日ずつ前倒しになっていますので、予定通りなら2021年4月15日(木)に聖火を持って走る姿をみることができそうです。

2021年4月15日(木)は、東京オリンピック聖火リレーが徳島県三好市東みよし町つるぎ町美馬市神山町阿波市吉野川市石井町上板町板野町藍住町北島町松茂町鳴門市で行われる予定の日です。

市橋有里の出身地は徳島で誕生日は11月22日

市橋 有里(いちはし あり、1977年(昭和52年)11月22日 – )は、日本の元女子陸上競技長距離走・マラソン選手。1990年代後半から2000年代前半に活躍。徳島県鳴門市出身。元東京ランナーズ倶楽部(陸連登録上は住友VISA AC)所属。身長157cm。趣味は旅行先での美味しいものや食材探し・料理。愛称は「マラソン界のシンデレラ」。

引用 Wikipedia

沿道で応援したい!

春からスタートする聖火リレーのトーチは、桜がモチーフです。もしリレー当日が晴れなら、トーチが太陽の光でキラキラと反射して、走る聖火ランナーが輝いて見えるようにデザインされているのだとか!

「インターネットのライブ中継視聴」が推奨ですが、一生に一度きりかもしれない貴重なこの機会、沿道で応援したいなぁって思ってしまいます。

あわせて地元の魅力再発見の旅や、桜名所めぐりなどもできたら素敵ですね。











聖火リレーを沿道で観覧するなら気をつけること

  • マスクを着用する
  • 大声を出さないで拍手で応援する
  • 周りの人と適切な距離を取って観覧する
  • もし適切な距離を取れないほど混んでいたら残念だけど観覧は自粛する

聖火が無事に日本中を巡れますように。

おうちで応援したい!

世界中の人が注目する東京2020オリンピックは、日本の情報通信技術の高度化と、それを発信する最高のチャンスとしても期待されています。

東京2020オリンピック・パラリンピック、聖火リレー、きっと私たちのスマホやテレビに、ビックリするような素敵な映像を届けてくれると、楽しみにしています。

2021年はスマホ代がとても安くなりそうですね。各社が続々とお得な新料金プランを発表しています。

今のところ一番安いのは、月額0円で通話もかけ放題の「楽天モバイル」です。3ヶ月は無料でデータ通信も使い放題になる上に5,000ポイント(他社からの乗り換えなら20,000ポイント)もらえちゃうキャンペーンを開催していますので、インターネット中継を好きなだけ視聴できますね。

テレビで中継を楽しむなら?

東京オリンピック・パラリンピックや聖火リレーを大画面で楽しむなら、東京2020オリンピック公式テレビのパナソニック「ビエラ」はどうでしょうか。CMの綾瀬はるかさんが可愛いです。

音がすごいビエラ「HZ2000」シリーズは、おうちにいながら、まるで現地で応援しているような臨場感を味わえそうですよ。インターネットにもつなぎましょう。


楽天市場でパナソニックのテレビ(VIERA)の人気ランキングを見る



Yahoo!ショッピングで「パナソニック ビエラ」のランキングを見る



Amazonでテレビの売れ筋ランキングを見る


市橋有里の出身地・徳島県の名産品は?

ふるさと納税の返礼品には、その地域おすすめの名産品がたくさんあります。楽天ポイントがたまってお得な「楽天ふるさと納税」から、お礼の品を少しご紹介します。

市橋 有里さんのふるさと・徳島県鳴門市も楽天ふるさと納税やってます















徳島県では、次の自治体が楽天ふるさと納税に参加しています。

徳島市鳴門市小松島市阿波市美馬市三好市上勝町佐那河内村石井町那賀町美波町海陽町松茂町北島町藍住町板野町上板町

市橋有里が走る徳島県はドイツ、カンボジアなどのホストタウン

徳島県は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける「ドイツ」「カンボジア」「ネパール」「ジョージア」のホストタウンです(2020年12月時点)。

日本のおもてなしを、また安心してたっぷり楽しんでほしいですね。海外旅行も行きたい!その日が待ち遠しいです。































マラソンの本











引用 楽天ブックス

関連記事

タグ

#11月22日生まれ#11月の記念日#1977年生まれ#2020年4月16日に走るはずだった聖火ランナー#2021年4月15日#マラソン#マラソンの本#徳島#徳島県の聖火ランナー#徳島県出身#徳島県鳴門市#徳島県鳴門市出身#東京2020オリンピック#聖火ランナー#聖火リレー#陸上競技

関連記事

東京2020オリンピック・パラリンピック関連リンク集

市橋有里についてのツイート

聖火リレーについてのツイート

オリンピックについてのツイート