茨城県の聖火リレーは2021年のいつ?ランナーは誰?ルート・観光スポットは?


茨城県で東京オリンピック聖火リレーが行われるのは2021年7月4日(日)・5日(月)です。15市町を巡ります。

聖火リレーは、2021年3月25日に福島県をスタートして、121日間かけて全都道府県を回ります。世界遺産などの観光名所も数多く通過する予定です。

引用:クラブツーリズム

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、茨城県で聖火リレーが始まる2021年7月4日に泊まれる茨城県のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる2021年7月23日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

茨城県の聖火リレー2021年の日程とルート

茨城県は東京オリンピック聖火リレー45番目の都道府県です。千葉県から聖火を受け取って、2021年2021年7月4日(日)に鹿嶋市を出発、2021年7月5日(月)つくば市の研究学園駅前公園を目指します。

茨城県の聖火リレーは、サッカー競技の開催地である鹿嶋市から出発し、鹿行・県北・県央地域をリレーし、水戸市で1日目のセレブレーションを実施します。2日目は、古河市を出発し、県西・県南地域をリレーし、つくば市でセレブレーションを実施します。

みどころは、日本三名瀑のひとつに数えられる袋田の滝、日本最大級の高さ100mからのバンジージャンプが人気の竜神大吊橋、日本第2位の広さを誇り、雄大な景色と観光帆引き船が魅力の霞ケ浦などです。

引用 Torch Relay Route Prefecture - |東京2020

茨城県の聖火リレー1日目

2021年7月4日は、東京オリンピック聖火リレーが茨城県の鹿嶋市ひたちなか市大洗町大子町日立市常陸太田市笠間市水戸市で行われる日です。予定されているセレブレーション会場は、千波公園ふれあい広場(水戸市)です。7月4日に泊まれる茨城県のホテル一覧はこちら

2019年12月時点では、次のようなルートが発表されていました。

  • 鹿嶋市 鹿島神宮を出発して、茨城カシマスタジアムを目指します。
  • ひたちなか市・大洗町 那珂湊おさかな市場を出発して、アクアワールド茨城県大洗水族館を目指します。
  • 大子町 袋田の滝(滝本バス停)を出発して、袋田の滝(吊り橋)を目指します。
  • 日立市 日立市役所(大屋根広場)を出発して、日立シビックセンター新都市広場を目指します。
  • 常陸太田市 竜神大吊橋(駐車場)を出発して、竜神大吊橋(料金所)を目指します。
  • 笠間市 笠間芸術の森公園を出発して、笠間稲荷神社を目指します。
  • 水戸市 南町一丁目スクランブル交差点を出発して、千波公園ふれあい広場を目指します。

茨城県の聖火リレー2日目

2021年7月5日は、東京オリンピック聖火リレーが茨城県の古河市常総市坂東市牛久市龍ケ崎市土浦市つくば市で行われる日です。予定されているセレブレーション会場は、研究学園駅前公園(つくば市)です。7月5日に泊まれる茨城県のホテル一覧はこちら

2019年12月時点では、次のようなルートが発表されていました。

  • 古河市 古河駅西口を出発して、古河市役所 古河庁舎を目指します。
  • 坂東市・常総市 ミュージアムパーク茨城県自然博物館を出発して、水海道あすなろの里を目指します。
  • 常総市 石下大橋南側 鬼怒川堤防を出発して、鬼怒川堤防決壊の碑を目指します。
  • 牛久市 牛久大仏(發遣門(はっけんもん))を出発して、牛久大仏(螺髪(らほつ)像前)を目指します。
  • 牛久市 牛久市役所を出発して、牛久駅東口を目指します。
  • 龍ケ崎市 龍ヶ岡公園を出発して、龍ケ崎市立城ノ内小学校を目指します。
  • 行方市 霞ヶ浦ふれあいランド虹の塔を出発して、霞ケ浦を目指します。
  • 土浦市 茨城県立土浦第一高等学校を出発して、土浦市役所(うらら大屋根広場)を目指します。
  • つくば市 つくばセンター広場(ノバホール前)を出発して、研究学園駅前公園を目指します。

茨城県の次は埼玉県で聖火リレーが行われます。

茨城県の聖火ランナー応募人数は3,174人!倍率は93倍

34人の一般公募枠に約93倍の3,174人の応募があったそうです。

引用 動物と触れ合える!東筑波ゆーとぴあクーポン 石岡市!割引チケット・レジャー体験の予約ならアソビュー

茨城県の聖火ランナー募集人数の内訳

  • 一般公募枠:34人
  • 推薦枠:10人
  • オフィシャルスポンサー枠:116人前後

聖火リレー応募3174人 倍率93倍、県実行委枠

県内15市町で実施される2020年東京五輪聖火リレーについて県は6日、県実行委員会が公募した34人の枠に対し、3174人の応募があったと発表した。倍率は93倍。当選者は12月以降に決まる。

引用 【茨城新聞】聖火リレー応募3174人 倍率93倍、県実行委枠

『ひよっこ』ナレーションの増田明美、役者としても聖火リレーで疾走

NHK朝ドラのひよっこでは、聖火リレーが出てきました。増田さんは、東京2020の聖火ランナーになるのでしょうか!?

茨城県の聖火ランナーは誰?

茨城県の聖火ランナーとして名前が発表されている著名人を一部ご紹介します(参考:産経ニュースRALLYPLUS.NET ラリープラスNHKニュースFNN.jpプライムオンライン)。

  • 牛久市出身のソウル五輪レスリング金メダリストの小林孝至さん
  • 水戸市出身の1964年東京五輪と1968年メキシコ五輪に陸上競技で2大会連続出場の飯島秀雄さん
  • 行方市出身の1996年アトランタ五輪バスケットボール代表の岡里明美さん
  • 守谷市在住のプロレーシングドライバーの山野哲也さん(出身は東京都
  • 笠間市出身のプロゴルファーの畑岡奈紗さん

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、茨城県で聖火リレーが始まる2021年7月4日に泊まれる茨城県のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる2021年7月23日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

茨城県の交流相手国「ベルギー」などへの旅

茨城県は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける「ベルギー」「ベトナム」のホストタウンです(2019年12月時点)。早く海外にも安心して旅行ができるようになるといいですね。クラブツーリズムでは、2021年2月以降に予定されている海外旅行のプランをチェックすることができます。

引用:クラブツーリズム

2021年まであと30日

2021年まであと30日です。

2021年は安心して東京オリンピックや旅行を楽しめる年になりますように。

旅行会社のクラブツーリズムには、年末年始のワクワクする旅のプランが見つかるようになりました。

引用:クラブツーリズム

よく読まれている記事

こちらもおすすめ

聖火リレーの記事

茨城の記事