日比野克彦が聖火ランナーに!2021年4月4日に出身地の岐阜を走る?今の年齢は?誕生日は8月
#聖火ランナー#岐阜県出身

www.hibinospecial.com

引用 hibinospecial page!

アーティスト・岐阜県美術館長の日比野 克彦さんが、岐阜県聖火ランナーに選ばれています。出身地は岐阜県岐阜市です。

8月31日生まれです。いま62歳です。

日比野克彦が岐阜県の聖火ランナーに!走るのはいつ?

聖火ランナーを務めるのは2020年4月5日の予定でしたが、聖火リレー自体が約1年の延期となりました。日付としては1日ずつ前倒しになっていますので、予定通りなら2021年4月4日(日)に聖火を持って走る姿をみることができそうです。

(参考:岐阜県

日比野克彦の岐阜県の聖火リレーへの意気込み

古代オリンピックは紀元前9世紀にギリシャで始まった。それは人間の美を追求するためのものであった。古代ギリシャの彫刻が人間の身体の美しさを求めたのと同じであると考える。有名な作品では「円盤を投げる人」がある、それは紀元前5世紀の彫刻家ミュロンの制作である、私は、そのころは美と身体と運動とが同じ次元で解釈されていたのだと思う。今はスポーツとアートは分類されていけれども、もともと両者は同じであったと考える。オリンピックのシンボルとなる聖火はその古代オリンピックが行われていたオリンピアのヘーラー神殿跡で採火される。そこにはきっと人間の根本的な美の精神が宿っているに違いない。その遠くの地から届いた聖火を、その遠く古代から伝わる聖火の精神をしっかりこの手で受け取り、感じ取り、次の地へ、次の時代へ届けていきたいと思います。

引用 岐阜県


楽天市場で「日比野克彦」を探す



Amazonで「日比野克彦」を探す



Yahoo!ショッピングで「日比野克彦」を探す


日比野克彦の出身地は岐阜で誕生日は8月31日

日比野 克彦(ひびの かつひこ、1958年8月31日 – )は、日本の現代美術家。

引用 Wikipedia

1958年岐阜市生まれ。1984年東京藝術大学大学院修了。1982年日本グラフィック展大賞受賞。平成27 年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)。地域性を生かしたアート活動を展開。「明後日新聞社 文化事業部/明後日朝顔」(2003~現在)「アジア代表」(2006年~現在)「瀬戸内海底探査船美術館」 (2010年~現在)「種は船航海プロジェクト」(2012年~現在)等。2014年より異なる背景を持った人たちの交流をはかるアートプログラム「TURN」を監修。現在、東京藝術大学美術学部長、先端芸術表現科教授。岐阜県美術館長、日本サッカー協会社会貢献委員会委員長、東京都芸術文化評議会 専門委員、公益財団法人 日本交通文化協会理事を務める。

引用 hibinospecial.com

日比野克彦の出身地・岐阜県の名産品は?ふるさと納税の返礼品

ふるさと納税の返礼品には、その地域おすすめの名産品がたくさんあります。楽天ポイントがたまってお得な「楽天ふるさと納税」から、お礼の品を少しご紹介します。















岐阜県では、次の自治体が楽天ふるさと納税に参加しています。

大垣市高山市関市中津川市羽島市美濃加茂市各務原市可児市山県市瑞穂市飛騨市下呂市海津市岐南町笠松町養老町垂井町関ケ原町神戸町輪之内町揖斐川町池田町富加町七宗町八百津町白川村

日比野克彦の本











引用 楽天ブックス

関連記事

タグ

#1958年生まれ#2020年4月5日に走るはずだった聖火ランナー#2021年4月4日#8月31日生まれ#8月の記念日#岐阜#岐阜県の聖火ランナー#岐阜県出身#岐阜県岐阜市#岐阜県岐阜市出身#日比野克彦の本#東京2020オリンピック#聖火ランナー#聖火リレー

関連記事