函館市の聖火リレーはいつ?北海道のランナーが巡るルートは?ホテルもチェック


引用 JR北海道 北の南で戯びませう。(函館市)

函館市は、ロックバンドGLAYのメンバーの皆さん(TERUさん、JIROさん、TAKUROさん、HISASHIさん)の出身地です。

北海道函館市で東京オリンピック聖火リレーが行われるのは2020年6月14日の予定です。東京2020公式サイトの聖火リレーのページで「歴史的建造物が立ち並ぶ函館の美しい街並み」が見どころとして紹介されていました。

東京オリンピック聖火ランナー当選発表は2019年12月以降です。各地を走る著名人の名前も続々と明らかになってきました。国内最初の聖火ランナーは、2011年にワールドカップ女子サッカーで優勝した「なでしこジャパン」の皆さんが務めることになりそうです。

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、函館市で聖火リレーが行われる2020年6月14日に泊まれる北海道のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる7月24日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

航空券もセットで予約するならYahoo!トラベルの「ヤフーパック」やJALの「JALダイナミックパッケージ」などを利用するとお得です。Yahoo!トラベルにはお得な日もたくさんあります。先着順で使える「お年玉クーポン」も配布されていました。

Yahoo!トラベル2020年6月14日に泊まれる北海道のホテル一覧 ヤフーパック国内宿泊+航空券がセットでお得

聖火リレーは桜の季節、2020年3月26日に福島県からグランドスタートします。トーチのデザインも桜です。世界遺産などの観光名所も数多く通過しながら121日間かけて全国を巡ります。

クラブツーリズムには全国各地の桜の名所や名勝地を楽しむ旅、地域の方達と一緒に作り上げる魅力的な旅が満載です。

クラブツーリズムのHPはこちら東京オリンピック公式観戦ツアー
第1回先着抽選販売も

函館市の聖火リレーは2020年6月14日

2020年6月14日は、東京オリンピック聖火リレーが北海道の函館市根室市北斗市七飯町釧路市洞爺湖町室蘭市帯広市白老町で行われる日です。帯広市では競馬場でばんえい競馬によるリレーを見ることができるそうです。予定されているセレブレーション会場は、民族共生象徴空間(ウポポイ)(白老町)です。6月14日に泊まれる北海道のホテル一覧はこちら

  • 函館市 緑の島を出発して、函館市役所前を目指します。
  • 根室市 根室市総合文化会館 前を出発して、ときわ台公園を目指します。
  • 北斗市 道道262号を出発して、新函館北斗駅 イベント広場を目指します。
  • 七飯町 大沼国際セミナーハウス (駐車場)を出発して、大沼国定公園を目指します。
  • 釧路市 釧路市役所 前を出発して、釧路川 ふれあい広場を目指します。
  • 洞爺湖町 北海道洞爺湖サミット記念館を出発して、洞爺湖畔 遊歩道を目指します。
  • 室蘭市 室蘭港フェリーターミナル 前を出発して、室蘭市 入江陸上競技場を目指します。
  • 帯広市 帯広競馬場 (コース外)を出発して、帯広競馬場 (コース内)を目指します。
  • 白老町 白老町役場 前を出発して、民族共生象徴空間(ウポポイ)を目指します。

※2019年12月20日時点の情報です。ルートは変更となる可能性もあります。

参考 北海道|東京2020オリンピック聖火リレー

北海道は東京オリンピック聖火リレー38番目の都道府県です。40人の一般公募枠に約80倍の3,208人の応募があったそうです。2020年6月14日(日)函館市を出発し、15日(月)札幌市の札幌市北3条広場(アカプラ)を目指します。函館大沼や富良野などの雄大な自然の中でも聖火リレーが実施される予定です。

函館市のホームページはこちら

函館市の交流相手国「カナダ」への旅

北海道函館市は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける「カナダ」のホストタウンです(2019年12月27日現在)。クラブツーリズムJTBジャルパックエクスペディア には素敵なツアーのプランがあるでしょうか?

クラブツーリズムの国内線片道1,000円キャンペーン

クラブツーリズムでは2020年9月出発のツアーまでを対象に「国内線片道1,000円キャンペーン」を行なっています。クラブツーリズムが指定する成田・羽田空港発の海外旅行に参加する場合、国内の各空港から成田・羽田空港への国内線が片道1,000円の追加料金だけで利用できるキャンペーンです。ピーク時以外の直行便が対象とのことですが、全国各地から気軽に海外旅行に参加できそうですね。

函館の見どころ、観光スポットは?

函館の見どころ、観光スポットはどこでしょうか?豊富な旅を扱うクラブツーリズムでぜひ、函館を含む旅のモデルコースやおすすめポイントをチェックしてみてください。聖火リレーが行われる日にその地域で過ごすなど、2020年は特別な旅の楽しみ方がありそうですね。

クラブツーリズムのHPはこちら東京オリンピック公式観戦ツアー
第1回先着抽選販売も

東京オリンピック観戦チケットをメルマガ登録や旅行で当てよう

近畿日本ツーリストクラブツーリズムでは、東京オリンピックの観戦チケットが当たるW応援キャンペーンを2020年5月31日まで実施中です。2つの応募方法があります。簡単なのは「“選んで”当てようコース」です。メルマガ登録をして、賞品を選んで応募するだけ!無料で応募できます。

メルマガを登録をすると、東京オリンピック公式観戦ツアーの情報をいち早く受け取ることができます。メルマガ限定ツアーや先行受付など特典もいろいろありますよ。

おトクな旅情報満載のメルマガをお届け!クラブツーリズム
もっと旅をお得に楽しく!近畿日本ツーリストのKNTメンバーズクラブ

もうひとつの「“旅して”当てようコース」はメルマガ登録をして、対象の旅行に参加することで自動エントリーとなります。毎月誰かに当たります。こちらのコースは、近畿日本ツーリストクラブツーリズムの両方のメルマガに登録したら当選確率が「2倍」になるそうです。

TERU (GLAY)の出身地は函館市

TOWER RECORDS ONLINEに記載されているプロフィールをご紹介します。(2016/05/25時点)(CDジャーナル)

1971年6月8日生まれ。北海道函館市出身。ロック・バンドGLAYのヴォーカリスト。1988年、小・中学校の同級生であるTAKURO(g)に誘われGLAYに加入。上京後の1994年、GLAYのヴォーカリストとしてシングル「RAIN」でメジャー・デビュー。「HOWEVER」「誘惑」などのヒットで90年代後半のJ-POPの頂点を極めた。

引用 TERU (GLAY) - TOWER RECORDS ONLINE

JIRO (GLAY)の出身地は函館市

TOWER RECORDS ONLINEに記載されているプロフィールをご紹介します。(2018/08/22時点)(CDジャーナル)

1972年10月17日生まれ、北海道函館市出身のミュージシャン。ロック・バンド、GLAYのベーシストとして知られる。いくつかのバンド活動を経て、92年にGLAYに加入。94年5月にGLAYのベーシストとしてシングル「RAIN」でメジャー・デビューを果たす。その後、楽曲制作やライヴ演出なども手掛けながら、日本の音楽シーンのトップランナーとして活躍。また、端正なルックスとファッションセンスの良さなどからメンバー随一の人気を博す。2005年からはTHE PREDATORSのベーシストとしても活動している。

引用 JIRO (GLAY) - TOWER RECORDS ONLINE

TAKURO (GLAY)の出身地は函館市

TOWER RECORDS ONLINEに記載されているプロフィールをご紹介します。(2012/12/04時点)(CDジャーナル)

1971年5月26日、北海道函館市生まれ。ロックバンド、GLAYのギタリスト兼リーダー。1988年に高校の同級生HISASHI(g)とGLAYを結成。高校卒業後に上京し、1994年、X JAPANのYOSHIKIに認められプラチナム・レコードから「RAIN」でデビュー。GLAYは徐々に人気を集め、1990年代後半に「HOWEVER」「誘惑」「SOUL LOVE」などのビッグヒットを連発。J-POP界でトップクラスの人気を誇るロック・バンドに成長した。TAKUROはGLAYのほとんどの楽曲の作詞・作曲を担当。他アーティストへの楽曲提供やプロデュースも手がけている。

引用 TAKURO (GLAY) - TOWER RECORDS ONLINE

HISASHI (GLAY)の出身地は函館市

TOWER RECORDS ONLINEに記載されているプロフィールをご紹介します。(2017/05/31時点)(CDジャーナル)

1972年2月2日生まれ、北海道函館市出身の日本のミュージシャン。ロック・バンド“GLAY”のギタリストとして知られる。高校の時、同じ高校に通学していたTAKUROと出会い、GLAYに加入。卒業後に上京し、94年5月に「RAIN」でメジャー・デビューを果たす。以降、CD売上げ、ライヴ動員数など、日本の音楽シーンのトップランナーとして数々の金字塔を打ち立てる。また、宇多田ヒカル、氷室京介ら他アーティストの作品やステージ参加も。2012年7月、EXILEのTAKAHIROをヴォーカルにした企画ロック・バンド“ACE OF SPADES”を結成し、ギター&リーダーを務めた。

引用 HISASHI (GLAY) - TOWER RECORDS ONLINE

北海道の聖火ランナーは誰?

北海道の聖火ランナーとして名前が発表されている著名人を一部ご紹介します(参考:Yahoo!ニュース北海道新聞 どうしん電子版)。

  • 旭川市出身のスノーボード銀メダリストの竹内智香さん

憧れの著名人が走る地域や、前から行きたいと思っていた地域へ聖火リレーを観に行ってみるのも素敵ですね。例えば、北海道で聖火リレーが始まる2020年6月14日に泊まれる北海道のホテル一覧はこちら。聖火リレーの最終日、東京オリンピック開会式が行われる7月24日に泊まれる東京のホテル一覧はこちらです。

航空券もセットで予約するならYahoo!トラベルの「ヤフーパック」やJALの「JALダイナミックパッケージ」などを利用するとお得です。Yahoo!トラベルにはお得な日もたくさんあります。先着順で使える「お年玉クーポン」も配布されていました。

Yahoo!トラベル2020年6月14日に泊まれる北海道のホテル一覧 ヤフーパック国内宿泊+航空券がセットでお得

東京オリンピック聖火ランナー当選発表は12月以降

東京オリンピック聖火ランナーの選考に通ったら2019年12月以降、まずは申込先の自治体やスポンサーから速報で当選連絡が届きます。その後、12月25日以降、東京2020組織委員会から正式な当選通知がメールまたは郵送で届きます。落選した場合は連絡はないそうです。(参考 よくあるご質問|東京2020オリンピック聖火リレー

旅の福袋!?行き先不明でお得なミステリーツアー

クラブツーリズムでは「どこに行くのかはお楽しみ」ミステリーツアーの受付を行なっています。行き先が分からない分、料金がリーズナブルで人気だそうですよ。福袋みたいでワクワクしますね。中には、どの国にいくか分からない「はじめての海外旅行ミステリー10日間」というツアーもありました。日本から約10,000キロ~12,000キロ離れた趣の異なる2カ国の別世界へご案内だそうです。

Googleで調べてみると、東京から、オリンピック聖火が採火されるギリシャまでの距離が約9,500キロということなので、そのくらい離れた国・・・どこへ行くのでしょうか?

ギリシャで走る日本人聖火ランナーに3人の金メダリスト

引用 Olympic - YouTube

オリンピック聖火はギリシャの世界遺産オリンピア遺跡で、太陽の光を鏡で集めて採火されます。2020年東京オリンピックの聖火採火式が行われるのは2020年3月12日です。その後、ギリシャ国内で8日間かけて聖火リレーを行います。

ギリシャで走る日本人最初の聖火ランナーには、2004年アテネオリンピック女子マラソン金メダリストの野口みずきさんが選ばれました。そしてあと2人、2020年3月19日の聖火引継式にも出席される予定の野村忠宏さん・吉田沙保里さんも、ギリシャ国内の聖火リレーでランナーを務められるそうです。

クラブツーリズムでは、2020年3月19日の聖火引継式や、3月12日に採火されたばかりの聖火をスタジアムで見学できるツアー「8つの世界遺産とエーゲ海クルーズ ギリシャ大周遊12日間」の開催を予定しています。誰より早く、これから日本全国を巡る聖火をオリンピック発祥の地ギリシャで見学できるなんて素敵なツアーなんでしょうか。

東京オリンピック公式観戦ツアー先着販売情報をチェック

東京オリンピック観戦チケット第2次抽選の結果が発表されました。用意された140万枚のチケットのうち、約50万枚ほどが売れ残ったそうです。2020年になりましたが、まだチケットゲットのチャンスは残っていそうですね。クラブツーリズムでは、東京オリンピック公式観戦ツアーの第1回先着販売の受付がスタートしています。開催前にオリンピック・パラリンピック施設をめぐるツアーも人気です。

クラブツーリズムのHPはこちら東京オリンピック公式観戦ツアー
第1回先着抽選販売も

東京オリンピック会場をめぐる大人の社会科見学が人気のクラブツーリズムの東京オリンピック公式観戦ツアーには、「決勝戦も観戦&表彰式も見逃さない!ラグビー男子観戦と浅草2日間」や「オリンピック競技大会観戦と豪華客船チャータークルーズ4日間」など素敵なプランが満載です。

中には「オリンピックスタジアムの熱戦観戦!気軽に陸上競技 日帰り」「気軽に観戦!バレーボール女子予選ラウンド日帰り」のようなお手軽なプランや、逆にこんな超豪華なプランも見つかります↓↓↓

オリンピック19競技を観戦 
とことん東京2020大会満喫19日間クラブツーリズムの東京2020オリンピック公式観戦ツアー


第1~第4ラウンドまで女子ゴルフをとことん満喫5日間」や「オリンピック男子サッカー/オリンピック女子サッカー横浜3日間」のようにひとつの競技を堪能できる観戦ツアーもいいですね。

2020年3月には、オリンピック発祥の地ギリシャで採火された当日に東京オリンピックの聖火を見ることができて、聖火引継式も見学できる「8つの世界遺産とエーゲ海クルーズ ギリシャ大周遊12日間」ツアーも開催予定です。

関連記事

よく読まれている記事

函館市の記事

北海道の記事

聖火リレーの記事

東京2020オリンピック参考リンク

東京オリンピックのマラソンや競歩のコースが東京から札幌に変更されることになりました。東京オリンピック・パラリンピックの競技日程や聖火リレーについての最新情報は、東京2020JOCの公式サイトを、東京オリンピック公式観戦ツアーや関連ツアーの最新情報は、近畿日本ツーリストクラブツーリズムJTB東武トップツアーズの公式サイトをご覧ください。