吾峠呼世晴の劇場版アニメ「鬼滅の刃」観覧コメントが素敵!今の年齢は?福岡出身、誕生日は5月
#福岡県出身

吾峠呼世晴さんは福岡県出身の漫画家です。

5月5日生まれで、いま32歳です。

代表作は、社会現象を巻き起こしている「鬼滅の刃」です。


鬼滅の刃グッズ人気ランキング!誕生日プレゼントにも2021年おすすめ


吾峠呼世晴さんが、2020年12月に劇場版アニメを観覧したそうです。そのコメントがTwitterの鬼滅の刃公式アカウントで公開されていました。

なんて謙虚で感動的なメッセージ!

漫画「鬼滅の刃」は2020年5月に完結しました。次回作が楽しみですね。

吾峠呼世晴の本





























































引用 楽天ブックス

吾峠呼世晴の出身地は福岡で誕生日は5月5日

自画像が眼鏡をかけたワニなので「ワニ先生」とも呼ばれています。

吾峠 呼世晴(ごとうげ こよはる、1989年5月5日 – )は、福岡県出身の日本の漫画家である。

引用 Wikipedia

吾峠呼世晴の出身地・福岡県にある「鬼滅の刃」の聖地

大人気漫画「鬼滅の刃」の主人公の名前は竈門炭治郎です。吾峠呼世晴さんの出身地である福岡県には「宝満宮竈門神社」(太宰府市)、「溝口竈門神社」(筑後市)という炭治郎の苗字と同じ名前をもつ神社があります。

作中には、鬼殺隊の炎柱・煉獄杏寿郎に炭治郎が「溝口少年!」と呼び間違えられるシーンも描かれています。筑後市の溝口竈門神社には「竈門」「溝口」という両方の名前がついていることから、これはもう偶然ではなさそうだということで、聖地として人気のスポットになっています。





ちなみに九州には、大分県別府市にも「八幡竈門神社」というやはり「竈門」という名前をもつ神社があって、こちらも聖地として注目されています。

漫画のタイトルを言いたいけど言えないという、とってもユニークなCMを見つけました。

関連記事

タグ

#1989年生まれ#5月5日生まれ#5月の記念日#有名人#漫画家#福岡#福岡県出身#鬼滅の刃

関連記事