赤星憲広が愛知県の聖火ランナーに!走るのは2021年4月6日?愛知出身、誕生日は4月
#聖火ランナー#愛知県出身

元プロ野球選手の赤星 憲広さんが、出身地の愛知県刈谷市聖火ランナーに選ばれています。

クリエイティブディレクターの箭内道彦さん、東京オリンピックの自転車競技日本代表に内定した梶原悠未選手と誕生日が同じです。4月10日生まれです。いま44歳です。

赤星憲広が愛知県の聖火ランナーに!走るのはいつ?

聖火ランナーを務めるのは2020年4月7日の予定でしたが、聖火リレー自体が約1年の延期となりました。日付としては1日ずつ前倒しになっていますので、予定通りなら2021年4月6日(火)に聖火を持って走る姿をみることができそうです。

赤星 憲広さんの聖火ランナーへの応募動機や自己PR

 東京2020オリンピックに聖火ランナーとして、携わることができるのであれば、大変光栄に思います。
幼少期から現在まで野球やスポーツに打ち込み向き合ってきた私にとって、また、スポーツを愛する者にとって、オリンピックは特別な大会の一つです。オリンピック経験者として、選手、応援する人、支える人、みんなの大会である東京2020オリンピックを、それぞれの形で肌に心に感じ、それを未来へ繋げていって欲しいと強く想います。
その実現に向けて、私のスポーツ人生の原点である地元刈谷・愛知からオリンピックのシンボルである神聖な聖火に、みんなの想いに私の想いを込め、沿道で応援参加される皆さんに伝え、東京2020オリンピックへの関心と期待を呼び起こすとともに、皆さんの想いも聖火に受けてまた、その想いを繋げていくことで、聖火リレーと東京2020オリンピックを盛り上げる役目を果たしたいと考えております。

引用 run-aichi.jp

赤星憲広の出身地は愛知で誕生日は4月10日

赤星 憲広(あかほし のりひろ、1976年4月10日 – )は、愛知県刈谷市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者、野球評論家、タレント。

引用 Wikipedia

 

赤星憲広の出身地・愛知県の名産品は?ふるさと納税の返礼品

ふるさと納税の返礼品には、その地域おすすめの名産品がたくさんあります。楽天ポイントがたまってお得な「楽天ふるさと納税」から、お礼の品を少しご紹介します。

















































































愛知県では、次の自治体が楽天ふるさと納税に参加しています。

岡崎市瀬戸市春日井市津島市碧南市西尾市蒲郡市犬山市小牧市大府市知多市高浜市岩倉市日進市愛西市みよし市東郷町南知多町美浜町幸田町

楽天会員なら簡単&お得!楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税」は、楽天市場でふだん買い物をしている人ならとっても簡単です。

楽天会員情報をそのまま利用できるので、ふるさと納税をする時に名前や住所を改めて登録する必要がありません。念の為にマイページ(my Rakuten)で、登録内容が正しいことを確認するだけ。

普段のお買い物と似た感覚で納税を行うことができて、もちろんポイントもたまります。

詳しくは楽天市場の「ふるさと納税はじめてガイド」や「寄付の申込みフロー」「よくある質問」などのページをチェックしてみてください。

関連記事

タグ

#1976年生まれ#2020年4月7日に走るはずだった聖火ランナー#2021年4月6日#4月10日生まれ#4月の記念日#愛知#愛知県の聖火ランナー#愛知県出身#愛知県刈谷市#愛知県刈谷市の聖火ランナー#愛知県刈谷市出身#東京2020オリンピック#聖火ランナー#聖火リレー#野球・ソフトボール

関連記事