体育の日は1964年東京オリンピック開会式を記念して作られた祝日

www.amazon.co.jp

引用 Amazon

体育の日は、1966年に制定された祝日です。もともと10月10日でした。1964年東京オリンピックの開会式が10月10日に行われたことから、アジア初の世界的な祭典を記念して、「国民がスポーツ体育に親しみ健康な心身をつちかう」ために作られた祝日です。ハッピーマンデー制度により、10月の第2月曜日に移行しました。2019年の「体育の日」は10月14日(月)です。

2020年から体育の日は「スポーツの日」に名称変更

10月の祝日「体育の日」が、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催にあたり「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」ための祝日「スポーツの日」へと名称変更されることになりました。

2020年のスポーツの日は7月24日

2020年の「スポーツの日」は7月24日(金)です。東京オリンピックの開会式は2020年7月24日に行われます。この日を休日にするために、2020年は「10月の第二月曜日の祝日である体育の日」を7月24日に移動します。そして2020年から「体育の日」は「スポーツの日」に名称が変更されます。

10月から7月、かなり大きな移動になりますが、オリンピックを記念して作られた祝日なら、東京2020オリンピックのために1年限りで移動させるのも素直に納得できますね。

関連記事

タグ

#スポーツの日(体育の日)#東京2020オリンピック

関連記事